パリス昼豚【特典付き】勝ち組トレーダー大量排出その謎に迫る

パリス昼豚【特典付き】勝ち組トレーダー大量排出その謎に迫る

パリス昼豚

5分足トレードを中心とした!!高勝率トレード!!月に500ピプス以上獲得は当たり前のすごい手法となっております。初心者でもわかりやすく読み応えありの骨太商材ですね。

パリス昼豚の5万円FXもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

価格 手法 評価
29800円 裁量トレード

 

パリス昼豚を購入しました。

 

とりあえず読んだ感想・・・・。疲れましたね。ボリュームがありすぎて疲れます。

 

もっと初心者向きとか書いてあったので、シンプルなのかと思ったら、すごく長い文章で疲れました。

 

あと残念ながら、再現性は、ほぼゼロなのではないかと思います。

 

仮に私が月に平均して200ピプス勝っていても、これを実践した人が月に平均200ピプス勝てる可能性はかぎりなく低いですね。

 

それぐらいの再現力です。

 

ほかのサイトでとてもよいと評価されていたのですごくいいものだと思ったら、私の感想では普通かなといった感じですね。

 

これを買うなら正直な話再現性がすごく高いスナッチやスキャルマスターを買ったほうが良いと思いました。

 

大切なリアルな友達には、おすすめしないかなと思う今日この頃・・・。

 

とりあえずこれが最初に商材を読んだ感想です。

 

使用時間足は5分足
リミット15PIPS(ドル円の場合は10PIPS)
ロスカットは最大20PIPS
一日獲得目標20PIPS
資金5万円につきポジション数は1万通貨
(レバレッジ規制改定により2010年夏以降は10万円で1万通貨に変更)
1日のトレード時間は3時間を最大2セット

 

と書いてありますが、パリスさんのトレードを見ていると
ユーロドル平均勝ちピプス8 平均負けピプス10です。

 

勝率は8割ですね。

 

パリス昼豚のいいところ

 

自分の実力で稼ぐ力が付く

 

パリス昼豚の悪いところ

 

商材のPDFが長い
結果に個人差が出てくる
初心者向けではなく、中級者向け
決済理由は動物的勘が試される

 

 

 

1ヶ月実践してみて思ったこと

 

パリス昼豚は勝っているのですが、本当に裁量の部分が強いので、かなり我流になっています。アレンジにアレンジを加えた状態です。参照していただければありがたいです。

 

特にストップを20から40の間に設定してすべてOCO取引をしております。この部分からもパリス昼豚のやり方と違っております。

 

ただエントリーの考え方はパリス昼豚とおりかなと思いつつ検証しております。

 

FXの本当の実力を勝ち取りたい方はぜひご検討ください

 

4月11日 4連敗してわかったこと

 

巷のFXブログではこのパリス昼豚も買った直後に結果の出ているブログが多いですが、はっきり言いまして私は嘘だと思います。

 

それかFX初心者ではなく、かなりの玄人が検証しています。

 

私のブログを見ていただければわかると思いますが、パリス昼豚は内容がとても多いので、ルールどおりすぐにできるといった内容ではありません。

 

間違えたり熱くなったりして徐々に勝っていこうといった内容の商材だと思います。

 

なので私は4月11日に熱くなってしまい3連敗をしました。(前の日をあわせれば4連敗)

 

なのでこれを買ってすぐに勝てると思っている方は、やめておいたほうがいいと思います。

 

私は反省として今週は、パリス昼豚を検証せずに、PDFを読みたいと思います。

 

巷のFX検証サイトを読んで後に思ったこと

 

パリス昼豚は、初心者向けのライントレードですなどと書いてありますが、大嘘ですね。
中級者以上向けの自分の実力と裁量で勝ち金額を手に入れたいとおもっている人だとおもいます。

 

初心者はまずスナッチなどで、今もっている資産を増やしてから、パリス昼豚などに挑戦してもらいたいですね。

 

4月の終わりからパリス昼豚で100ピプス獲得しておもったこと

 

4月の終わりにやっとパリス昼豚が理解できるようになり、おもったこと。まず、何度もエントリーしてわからなくなったらPDFを読み返す、またエントリーして、わからなくなったら、PDFやパリス昼豚さんのブログとパスワードつきのブログを読む。そしてまたエントリーするの繰り返しをするとマジでピプスが獲得できるようになりました。

 

パリス昼豚さんの悪いところは、リミットとストップを15と20と断言してしまっているところ。これではOCOと勘違いしてしまったり、それくらいとってから終わりにしないといけないと勘違いしてしまいます。

 

パリス昼豚さんの正しい言い方としては、最大リミットが15で、最大ストップが20もちろんリミットが15以上行っても大丈夫。

 

ただこのやり方だとなかなか行かないです。

 

証拠として、パリス昼豚さんのブログを見ると平均獲得ピプスが8になっていたり、負けエントリーのピプスが10になっていたりします。

 

だから15まで届かなくてもバンバン決済してもいいのです。

 

これをやることにより私もパリス昼豚さんより若干の劣りますが、勝率7.8割とることができるようになりました。

 

初戦は大事

 

最近おもうのですが、私がパリス昼豚をやっていておもうのですが、初戦に勝たないとその日は、向きになって、トレードして大敗といった感じですね。

 

この心理状態もパリス昼豚に書いてあるので今度からは、大敗したら何時間か休むのもルールにい入れよう。

 

2012年6月の大敗について

 

5月の大勝にきをよくしてなぜかまけまくっている6月。ショートすれば上がり、ロングをすれば、下がる。

 

ちゃんとロスカットをすれば、そこが天井・・・・。とにかく悲惨な状態だが、何個か良いことがある

 

それは初心に帰って、ちゃんとフィボナッチを引いたり、ロスカットをできていること。

 

ただなにかが足りない・・・。それはエントリーの待ちなのか??まだわかりません。

 

ただもうちょっとひつこく検証したいとおもいます。

 

パリス昼豚はやって気付いたこと

 

トレンドが発生して、10MA 24MAでの反発でエントリーして48MAを超えたところでロスカットするパターンだけを考えてエントリーすることをやってみる

 

あと10MAの反発エントリーは、1回目ではなく2回目からエントリーする 1回目は、だましが多い
2回目だとトレンドが発生している感じに成っているから

 

1回目は、レンジとトレンドの半々だけど2回目なら、トレンド70レンジ30くらいの確率になりそうだから

 

とにかく70パーセントの場所を探すには落ち着いて待つことが大事かも??

 

6月22日 +46 表示

 

今日の取引でわかったことがあります。

 

前半は、いつもどおりまじめにパリス昼豚のやり方を守って、リミット15にストップ20を目安にエントリーを考えていたりしました。

 

ただ連敗をして、だんだんいやに成ってきて、ふとパリス昼豚が、作られたときは2008年から2009年とてもボラが高いときです。

 

でも今は、2012年ボラははっきり言いましてかなり減りました。とてもレンジが多い日々が続きます。またレンジブレイクもしづらいですしトレンドも出にくい。

 

だからもっとリミット10ストップ15くらいにして考えてニューヨーク市場などの時には、リミット15ストップ20にしたり臨機応変にやったほうが良いのでは??

 

また私自身が、ほかの裁量トレードしていて気付いたことは、いくら手法どおりにエントリーしても勝てない。でもほかのブログ管理者の人は勝っているなんでだろうと思っていたら今日気付いたのです。

 

それは、手法どおりエントリーするのは、二番目くらいに重要で、1番に大事なのが、場の雰囲気、場の空気が大事なのでは??

 

例えばパリス昼豚のPDFの中でもレンジブレイクはこの形です。でもだましもあるので気をつけてください。と書いてあります。

 

結局どっちやねんって感じですよね。

 

ほかにもトレンドラインは重要です。でも割るときもありますそこを気をつけてくださいって、どうきをつける念って感じ

 

結局は、場の空気が大事なのではないか??この雰囲気を察知しなかったから・・・。考えなかったからほかのブログ管理者が勝てても同じ手法を用いても自分は勝てないといった現象があるのではないか??

 

でもパリス昼豚のPDFにもこの場の空気についてちゃんと書いてあります。
値動きをじっと見つめ感覚を養ってください。といった感じで何度も書いてあります。

 

例えば、今日の取引のファインプレー決済のところは、値動きと場の空気を読んで決済しました。

 

正直な話両方とももっているというのがセオリーですが、なかなかあげづらくなっていたり、あげづらくなっている場の空気を察知したので、決済しました。

 

これが見事に当たりマイナスを避けることができました。

 

話を戻すと取引の後半は、場の空気を大事にしてパリス昼豚のエントリー方法を参考程度にしたら、爆勝ちしました。

 

パリス昼豚の検証終了について

 

いろいろとなやみましたが、6月をもってパリス昼豚の検証をやめたいとおもいます。

 

理由は、マエストロFXという商材を購入してあまりのすごさにパリス昼豚のやる気をなくしたからです。

 

パリス昼豚にかけている相場の全体を読む力をつけるために動画が100近くあるのに対してパリス昼豚はないのでそこがとてもよくわかりませんでした。

 

ただマエストロFXではその部分について何度も話してくれます。またパリス昼豚とかぶる部分もあるので、パリス昼豚をやめたいとおもいます。

 

最終評価としてはパリス昼豚よりもマエストロFXをおすすめします。

 

マエストロFXで勝てるようになってからパリス昼豚をもう一度読んでみた結果

 

正直な感想結構初心者向きの丁寧な解説をしているといった感じですね。パリス昼豚を買った当初は意味がわからなかったことが、マエストロFXで勝てるようになった後に同じものを読んだときにこういうことを言いたかったのかとすぐにわかるようないい商材ですね。

 

ただ残念なのが、手法の説明が、すべてPDFだということですね。マエストロFXのように、動画で説明してくれると本当に助かりますし、実際の取引動画をメルマガなどで送ってくれるともっと勝てるような人ができると思いました。

 

とても丁寧に作られているのにアフターフォローや動画で説明などやっぱりマエストロFXには一歩、二歩及ばない印象の商材ですね。

 

なのでもう一度いいますが、パリス昼豚よりもマエストロFXのほうがいいですね。

 

注意事項

 

パリス昼豚を実践検証していたときは、マエストロFXなどで基礎の勉強をしていなかったときなので、かなり初心者のときに検証しております。

 

マルチタイムフレーム分析やダウ理論、ボリンジャーバンドが開いて、ボラが大きくなって来たなどなど基本的なことを知らない状態で検証しておりますので、

 

巷にあるFX情報商材サイトの凄腕の管理人さんとではかなり検証に差があることを留意してください。

 

なのでこれを購入しようと思っている方で、まだ私は初心者だと思っている方は、私のような結果になることのほうが多いと思います。

 

トレンドラインの引き方や押し目戻り売りの説明ができない方などにとってはまだまだ基礎が足りないと思いますので、パリス昼豚を購入しても宝の持ち腐れになる可能性のほうが高いです。

 

2013年12月30日 パリス昼豚をもう一度振り返る

 

なぜ私がここまでパリス昼豚に大してこんなにも長く検証やコンテンツを残すのか??

 

巷ではこのパリス昼豚はいい商材といわれているからです。ただ私はあまりいい商材だと思わないし、何でこんなに手法があいまいなのかと?????が一杯であった。

 

ただ私はやっとパリス昼豚が言いたいことを理解できたように思います。

 

それはホーミングFXの作者千草さんが言っていた言葉です。

 

FXの相場では、テクニカルは自転車で言う補助輪にしか過ぎない、結局は、今まで何十回、何百回、何千回、何万回とトレードをしてきた。

 

相場の空気のようなものを読む力です。これは簡単に言うと己の勘だけです。つまりパリス昼豚さんが一生懸命はなしていたのは、パリス昼豚さんが相場から感じた勘だけを頼りにトレードした。

 

それを文字に起こして私が読んでも????となります。

 

ただいまの私にはよくわかります。いろいろな商材で勉強をし、インジケータやサポレジライン、トレンドラインは主ではなく目安、主に持ってくるのは己の今まで相場で経験してきた勘のみです。

 

だから私は初心者のころにこのパリス昼豚を読んでもいっていることがわからなかったのです。

 

今読めばまた新しい発見があるかもしれませんが、私はもうここに戻ることはないと思います。

 

ひたすらフォレックステスター2や実践で頭を悩まし、感じる相場からのシグナルを読んでトレードしなくては、勝てないことがわかったからです。

 

パリス昼豚の最終結論です。

 

初心者が買っても意味がわかりません。ただしいっていることはあっています。

 

初心者が買うのであれば、マエストロFXをお勧めします。

 

またパリス昼豚さんがブログで書いてあるトレードの成績は本物だと思います。

 

ただそこに行き着くには、このパリス昼豚を読んだだけでは100パーセントいけません。

 

パリス昼豚を読みながら、デモトレードでもいいので、10000トレード位すると何を言っているのかがわかると思います。ではでは

 

パリス昼豚の5万円FXもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

私のサイトをブックマークしてください。とてもブログ更新の励みになります。