知らないと絶対勝てないFXの環境認識がよくわかる方法

 

環境認識というのは、FXの初心者は、初めて聞いたかもしれません。

 

私もFXをやっていて、2年目くらいに知った言葉です。

 

とても簡単に言いますと相場が今どのような状況にあるのかを自分で認識するということです。

 

今は、上昇トレンドなのか??下降トレンドなのか??レンジ相場なのか??

 

上位足はどのような感じなのか??経済指標は、何時から起きるのか??

 

休場の国はないのか??アメリカとヨーロッパが休場ですと、ほとんど取引が起きません。

 

またアメリカは、戦争をしたがっているのか??景気はいいと思っているのか??

 

不況だと思っているのか??などなどファンダメンタルズも少しは影響してきます。

 

環境認識がわかりやすくなる方法

 

これを自分で分かりやすくするために、ダウ理論やサポートレジスタンスを引いたりします。

 

そうすることにより、どのレートが意識されているのかなどが分かるようになってきます。

 

私は、ダウ理論とサポートレジスタンスとマルチタイムフレーム分析を使いますが、

 

ここでMAやMACDなどを使う人が出てきます。

 

これは自転車でいう補助輪の効果であり、慣れてくるとぱっとチャートを見ただけで、

 

ロングかショートかがわかってきます。

 

ここでおかしな疑問が沸く人はいませんか??

 

このブログでは、MAやMACDなどのインジケータ、オシレータは、不必要でチャート載せていないといっております。

 

私がインジケータやオシレータがダメと言っているのは、これがこうなったからロング、これとこれが重なっているからショートといったことを

 

やってはダメと言っているだけであって、自転車の補助輪であるインジケータやオシレータは、初心者の頃はのっけてもいい。

 

ただそれは環境認識に使うのであって、エントリーのタイミングに使ってはいけないということです。

 

環境認識がわかりやすくするために載せるだけです。

 

なぜ私は、インジケータやオシレータを掲載しないのか??

 

それは何百回、何千回とトレードをしてきて、もう補助輪を外しても大丈夫だと思ったから、載せていないだけです。

 

トレードをしていても、一切インジケータなどを見ないで、トレードしていましたし、お守りのようなものになってしまったので掲載するのをやめてしまいました。

 

これを見ている方も絶対にその時が来ます。それまではインジケータなどを掲載していても大丈夫です。

 

私のサイトの優良商材

 

ちなみに私のサイトの優良商材と呼ばれるものたちは、全部この環境認識を学べるものとなっております。

 

だから私はおすすめしているのです。

 

この環境認識ができないと絶対に相場で勝つことができません。

 

必ずこの力を手に入れてください。

 

環境認識がよくわかる商材→マエストロFX

 

初心者はエントリーポイントを探すのを辞める

 

私も初心者の頃にエントリーポイントさえよければ、FXで勝てると思っておりました。

 

エントリーポイントが悪いから勝てないんだ!!もっとエントリーポイントを精査しないとってかんじでしたね。

 

これをよんでいる人もそう思っているかもしれませんね。

 

ただ半分間違っていて半分あっているといった感じでしょうか??

 

エントリーポイントは重要なのですが、それほどピンポイントではなくても勝てるようになります。

 

ここらへんでエントリーしておけば大丈夫といった感じになってきます。

 

余りにもずれてしまうとダメですが、それほど気にしないで大丈夫です。

 

スキャルピングなどでずれてしまうことはありますが、それは反射神経の問題なので、時間軸をもっと大きくしたほうがいいと思います。

 

ちなみにスキャルピングが難しい理由は、瞬時に場の状況が変わるのでじっくりとエントリーが考えられます。

 

4時間や日足をメインにすればそのような心配はないと思います。

 

エントリーポイントを探すのを辞めるのであれば、なにを探せばいいの??と思うかもしれませんね。

 

それは、今自分がどのような状況なのか??レートとはどちらに向かおうと思っているのか??

 

上昇トレンドなのか??レンジ状態なのか??いろいろな状態があると思います。

 

それを見極めるのが重要であり、エントリーポイントは、ある程度でいいのです。

 

初心者の方やまだ勝てないと悩んでいる方は、エントリーポイントを探すのではなく、

 

いま自分の状況を把握することに勉強や意識を集中しましょう。

 

だったらどうやって、その状況がわかるんだと思うかもしれません。

 

それがマルチタイムフレーム分析というものです。

 

これを理解し、自分のものにできなければ、一生勝ち組になることはできません。

 

またダウ理論と呼ばれるものも勉強しなくてはいけません。この二つを完璧にすれば、

 

FXにおいて勝ち組になるのは、あと少しです。

 

マルチタイムフレーム分析とダウ理論について学びたい方は、【マエストロFX】

 

チャートで一番重要なのは、今どのような状況なのか知ること

 

チャートで一番重要なことは、手法ではない。

 

エントリータイミングなんて大体でいいのです。

 

いま相場の上で、何が起こってこれからなにが起ころうとしているのかが大切なのです。

 

何が起こったかについては、チャートの左の方を見ると分かります。

 

これから何が起こるかについては、チャートの右側で、これからわかります。

 

このチャートの右側を知りたいから、世界中のトレーダーが、左側の今まで何が起きてきたかについて、

 

一生懸命調べるのです。

 

インジケータやサポレジ、フィボナッチなどなどを駆使して・・・・。

 

またチャートが今どのような状況なのかも調べる必要があります。

 

レンジなのか??上昇トレンドなのか??下降トレンドなのか??

 

上位の時間足は、どのような状況なのか??

 

またユーロ円であれば、ユーロドルは、どのような状況なのか??

 

ドル円はどのような状況なのか??を調べることによって、だんだんと今時分の立ち位置や相場の状況がわかってきます。

 

例えて言えば、太平洋の真ん中で、大きな船に乗っている感じです。

 

右も左も同じ光景しか見えないのに、日本からアメリカまで、荷物を届けなくてはいけません。

 

最短ルートで通るには、コンパスや地図は必要不可欠です。

 

最近では、GPSなどをつかって、今自分がどこにいるのかがはっきりと分かると思います。

 

相場にはざんねんながらGPSは、ありません。

 

長年の感と経験とチャートを読む相場観で、次は上昇するか下降するかを判断しなくてはいけないのです。

 

いろいろなチャートを見まくり、経験を積むしかないのです。

 

チャートにはいろいろな考えの人がいる

 

FXトレードが初心者だった頃、上位足が、上昇トレンドだから、下位足で、ロングだと思ってポジションを持ったら、

 

売られてしまう。なぜ自分がポジションを持ったら逆に行くんだろうと思ったことはないだろうか??

 

おそらくたくさんの人がこの経験をしていると思います。

 

教科書通りに、サポートラインを抜けたのでショートをしたらいとも簡単に戻ってきてしまう。

 

レジスタンスラインでぴったり止まったから、ショートしたのにすんなり上がっていってしまう。

 

こんな経験色々とたくさんあると思います。

 

はっきり言いまして、これを100パーセント言い当てることはできません。

 

ドンなにすごい人でもレジスタンスラインを超えたからロングしてみて、レートが下がってきてしまったことは、

 

勝ち組トレーダーでも何度もあります。今現在でもあると思います。

 

そこで勝ち組トレーダーと負け組トレーダーの違いは何かというと、そのあとの対応力です。

 

勝ち組トレーダーの場合、自分の思った方向に行かなければ、すぐに損切ります。

 

負け組トレーダーの場合は、塩漬けにします。

 

勝ち組トレーダーが自分と思った方向に行った場合は、利益を伸ばします。

 

負け組トレーダーは、すぐに決済してしまいます。

 

おそらくこれだけに違いだと思います。

 

このあたりについては、私のオリジナル特典でも触れておりますし、ここがきもだと思っております。

 

また相場にはいろいろな考えの人がいるについては、テキストでは、うまく話せないので動画で説明したいと思います。

 

 

 

 

 

↓↓ブックマークしていただけると更新の励みになります。↓↓

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

私のサイトをブックマークしてください。とてもブログ更新の励みになります。