トレードパターンになった時にジャッジすることが大事

 

今日話すことは、あまり多くの書籍や情報商材には書いていないことです。

 

私がいつも言っている真新しい情報ではないかもしれません。

 

でもとても大事なのでここに掲載しておきたいと思います。

 

その情報とは、トレードパターンになってもすぐにエントリーしてはならない周囲を見渡し、ジャッジしてからエントリーしなくてはならない。

 

例えば、検証していると上位足が、上昇トレンドで、下位時間足が、ダブルボトムを形成している時に、ロングでエントリーしようとしております。

 

とてもいいエントリーだと思うのですが、もう一度同じ場面になった時に、トレードパターンは、一緒だからまた勝てるだろうと思って、

 

ロングして負けてしまった。ということはたくさんあります。

 

前のパターンといっしょだったのに・・・。

 

前のパターンと何が違ったのでしょう・・・。そこを人間のあなたが、判断するのです。

 

上位足は、上昇トレンドだったかもしれませんが、前はレートの下に、サポートラインがあったかもしれません。

 

後のトレードは、上位足の上にレジスタンスラインがあったかもしれません。

 

そのときの相場の雰囲気も大事だと思います。日々流れるニュースや世界情勢なども少しは影響すると思います。

 

その二つの微妙なトレードの違いを察して、エントリーするかしないかをジャッジするのです。

 

ただただトレードパターンが来たからといって、エントリーしていては、絶対に勝てるようになりません。

 

また決済するときも、ジャッジが必要です。レートの動きをちゃんとみて、判断するのです。

 

ここのラインは目標ラインだが、今の勢いなら上に行くかもしれない。

 

だんだん勢いがなくなってきたからここは撤退しておこう。

 

ここの感覚は残念ながら言葉では説明できるものではありません。

 

何千何万とトレードしたことによって、得られる相場観で対処していくしかありません。

 

一日二日では体得できるものではありません。

 

この感覚を養えることができれば、あなたもFXにおいて勝ち組になれます。

 

相場感を磨くことが、FXにおいて一番重要なのです。手法は二の次です。

 

 

 

↓↓ブックマークしていただけると更新の励みになります。↓↓

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

私のサイトをブックマークしてください。とてもブログ更新の励みになります。