FXで勝つためには、自分の問題を出し、自分で答えを出さなくてはいけない

 

FXで勝つためには、いろいろな方法があります。

 

私も日々勉強です。そこでとてもいい言葉に出会ったので、ここでシェアしたいとおもいます。

 

FXで勝つためには、自問自答しなければならない。

 

自らに問題を出して、自らその答えを探さなければならない。

 

FXでどうにかしてかとうと思っている方は、おそらく副業でFXをしていると思います。

 

ほとんどの方がサラリーマンです。

 

サラリーマンをやっていると脳みそが膠着してきて、自分の頭で考えなくなります。

 

答えをすぐにほかのひとに求めたり、マニュアルを見て仕事をしたりします。

 

こればっかりをしていると脳みそが膠着してしまい、自ら考えることを放棄してしまいます。

 

こういう状態を他問他答といいます。

 

上司から仕事をわたされて、自ら考えるのではなく、先輩に聞いてしまう状態です。

 

こういう場面よくありませんか??

 

自分の頭で考えずに、時間さえ過ぎれば、お金が入ってくるから、いいやとおもい淡々と作業するだけこれでは絶対にFXで勝つことはできません。

 

FXで勝つためには、自問自答できる人間にならないといけない。

 

野球の名監督で有名な野村勝也監督も言っておりました。

 

【自問自答できる人間は、絶対に伸びる
なぜ、うまくいかなかったのか。何がいけなかったのか。どうすればうまくいくのか。そのためには何をすればいいのか。】

 

 

以前FXで勝つためには、職人にならないといけないといいました。

 

職人さんは、何年も同じことをしているつもりでも毎日進化をして、日々違っていることをしています。

 

それが何年も続くと素人ではたどり着けない境地に達するのです。

 

それが職人の世界です。

 

FXでも誰もが知っていることを何回もやることによって、職人のような人になってきます。

 

グランドセオリーFXでは、ラインは5万回引きましょうといっております。

 

最近は、グランドセオリーFXの情報商材を聞きまくっているのですが、この中で作者は言っておりました。

 

ライントレードをマスターしたいのであれば、ラインは5万回引いてください。

 

そしてこの5万回という言葉に多いと驚くのであれば、ライントレードをやめたほうがいいという話をしておりました。

 

確かにその話を聞いて私も驚きましたが、よくよく考えてみるとそれくらい引いているのではないかと思うようになりました。

 

5万回と聞くとすごく多いかもしれませんが私にもできたのですから皆さんにも必ずできるはずです。

 

自らに自問自答しながら、ラインを5万回も引けば必ずあなたは、負け組みから勝ち組になることができます。

 

FXの問題を出されると99パーセント当たる状態になる。

 

よくFX動画などを見ていると視聴者に向かって、問題を出してくる人がいます。

 

このラインの中でどれが一番意識されている可能性が高いでしょうといった感じで視聴者に問題を出してきます。

 

それを見ている私も一緒に考えて答えが出るのを待ちます。

 

そうするとほぼ答えは合いますし、理由も当てることができます。

 

ラインをチャートに5万回も書くとこのような状態になることがわかります。

 

FX動画を作っている作者がいっていることが手に取るようにわかるのです。

 

この境地になるとFXで勝ち組になることができますよ。