相場のカモが集まる場所って何??それを狙い打つ方法なんてあるの?

 

相場にはたくさんのカモがいます。

 

相場に参加している約9割がカモです。

 

100人いたら、90人がカモです。

 

そのカモがたくさん集まって、お金を置いてくれるところがわかったらうれしくないですか??

 

みずからネギを持って相場に現れてくれて、お金をおいていってくれるカモです。

 

そんな従順なカモをあなたは知りませんか??

 

 

これを見ている方でダウ理論を勉強し、緑丸のところでロングエントリーして、黒いラインのところに損切りラインを置きなさいと習った人はいませんか??

 

勤勉な日本人であれば、何も疑いもせずロングをし、黒いラインに損切りラインを置いたことはありませんか??

 

ロングに対して、損切り注文をおくということは、そこにショートの注文がたまっているということです。

 

ライン周辺に行くとその前までエントリーしていた人がいっせいに売ってくれて、相場が下に加速していきます。

 

それがわかっているってすごくないですか??

 

なんでもほとんどのカモがそこに損切りラインを置いてくれているんですよ。

 

そこを狙いえばいいんですよ。カモがたまっているんですから・・・・。

 

ちなみに緑丸のところで、ロングではなくショートエントリーしてはいけないという法律はありません。

 

別にショートエントリーしても大丈夫なんですよ

 

両方のエントリーを検証することが大事

 

まずは初心者の方はダウ理論を学ぶとおもいます。

 

そして緑丸の部分でエントリーすると勝てるとおもい、エントリーしてみます。

 

なのになぜか勝てないと悩みます。

 

そしてほかの手法に浮気してしまい、泥沼にはまってしまいます。

 

これを見ている頭のいいかたなら次はこの検証をしてほしいのです。

 

教科書とは逆説の手法、緑丸の部分でショートエントリーです。

 

このやり方はどこにも書いてありません。駅前に売っているような本では、書いておりません。

 

これは大衆とは逆の考えです。ほとんどの人はロングエントリーするところをあなたはショートをするのです。

 

 

あなたがいままで勝てなかったのであれば、これからも勝てないかもしれません。

 

今まで習ってきたことすべてを疑ってみる。そうすると大衆の逆の考えになります。

 

そして自分がこれが妖しいと思ったことに対して、検証を繰り返す。

 

誰に教わるわけではなく、自分の頭で考える。そして練習をする。

 

 

 

 

 

相場にはカモがいるそのポイントをねらいうて→FX THE -RULE- Proをもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック