自分で言うのもなんですが、私確実にトレードがうまくなっております。

 

自分で言うのもなんですが、明らかに私のトレードはうまくなっております。

 

以前は、手法を極めるために1万回トレードをしなさいといってきたのですが、最近では新しい手法をやっても300トレードくらいでプラスになってしまい拍子抜けです。

 

こんなに簡単に勝てるようになっていいの??と思うようになりました。

 

単純に相場観が出てきたのかどうなのかわかりませんが一つ一つ思うところを書いていきたいと思います。

 

待つことができるようになった

 

これは明らかに自分でもわかるくらい待つことができるようになりました。

 

無理にエントリーせずに淡々と自分の形になるまで待つことを選べるようになりました。

 

これができることによって、無駄な損失がなくなりプラスになっているのだと思います。

 

これまでいろいろとフォレックステスター2で練習をやってきたので、あやふやなエントリーをしていると絶対に負けるということがわかってきたので、本当に綺麗な形でなければエントリーしてはいけないということがわかりました。

 

勝率が高い手法よりも低い手法のほうが得意なのかな??

 

ここ最近試した手法が勝率の低い手法だったので、たまたまなのかもしれません。

 

自分は勝率の高い手法よりも低い手法のほうが得意なのかな??と思うようになりました。

 

勝率の高い手法よりも低い手法のほうが伸びしろがあるのでいいのかもしれませんね。

 

リスクリワード1:1の手法よりもリスクリワード1:6の手法のほうが確実に伸びしろはあります。

 

こっちのほうがうまくなると本当に、爆発的に勝てるようになるのでだまされたと思ってやってみてください。

 

初心者のときよりも確実に、相場観がついていると思う

 

これは当たり前なのですが、最近さらに磨きがかかったのではないかというくらい相場が見れるようになりました。

 

初心者のころはまったく見れなかったのに、やはり5年以上相場を見ていると見えなかったものが徐々に見えてくるのだということがわかりました。

 

相場観がついてくるとどんな手法にも応用ができるということもわかりましたし、とても驚いております。

 

FXBの商材でリスクリワード1:6なんて絶対にうまくいかないと思いながらフォレックステスター2でトレードしていたら、たったの300トレードくらいで物にできるようになりました。

 

本当に驚きです。

 

まとめ

 

ここではまとめとして書きたいのですが、結局はFX初心者と呼ばれる人たちと私の違いは、トレード回数の違いだと思います。

 

ゆうにフォレックステスター2で3万回以上トレードしておりますし、リアルトレードでも1000回くらいはトレードしていると思います。

 

この経験値が、FX初心者といわれる人たちとの違いです。

 

またほかの違いといわれるとFX情報商材を何度も読み、何度も練習と検証をしているその違いだと思います。

 

言っていることは簡単です。やっていることも誰でも知っていることです。

 

ただ後は行動するだけです。それで負け組から勝ち組になることができます。

 

 

 

 

 

 

 

もっとリスクリワード1:6のブレイクアウト手法を知りたい方は、こちらをクリック