FXライントレードマスタースクール。やっぱり初心者が出きていないところに共通点があった

 

私は、ここ最近ぷーさん式の検証を行っていました。でも少し飽きてきたのでほかのことをやってみようといろいろ調べていました。そこで以前購入したFXライントレードマスタースクールをもう一度見てみようと思いました。

 

このようにぷーさん式で自分がレベルアップしたなと思ったらほかの情報商材をよんでみると新たな発見があるので、とても勉強になります。

 

私も負け組だったころは、たくさんの情報商材を買い込むノウハウコレクターでした。

 

そこを脱出して、インプットからアウトプットのほうが大事ということに気がついたものから、負け組から勝ち組になっていきます。

 

アウトプットをしてわからなくなったら、インプットに戻る。そしてまたアウトプットに戻るこれの繰り返しです。

 

初心者は教えているのにそのとおりにやっていない。勝手にアレンジする人が多い

 

FXライントレードマスタースクールの生徒役として登場する金本君は、典型的な負け組トレーダーでした。

 

先生から直接教わっているのにもかかわらず、全然違うことをしてしまう。また教えていないことを勝手にやってしまうトレーダーでした。

 

それをFX−JINさんが知り、もう一度プーケットで特訓をして金本君を負け組トレーダーから、勝ち組トレーダーにしようとします。

 

私もいろいろな人にトレードを教えてきましたが、本当にこのようなタイプの人は多いです。

 

今まで学んできた方法が忘れられないのか??私のことを信用していないのか??わかりませんが、本当に違うことをします。

 

もちろん勝てる方法がわかったのであれば、自分でアレンジしてもいいのですが、まだ勝てる方法がわかっていないのに変える人が本当に多いです。

 

インジケータが離せない人も本当に多い。

 

インジケータを離せない人が本当に多いです。特に、SMAやEMAの数値にこだわる人が本当に多いです。

 

はっきりいってどうでもいいことなのです。あくまで目安であって、エントリー判断の一割くらいにしかなりません。

 

SMAの真ん中のラインが、25だろうが30だろうが関係ないのです。

 

私はインジケータは1つもチャートに乗せておりません。それでも勝てるのです。

 

安心して、インジケータを削除してください。

 

ちなみに日本ではロウソク足が主流ですが、欧米では、バーチャートが主流です。

 

みんな見ているチャートが違うのです。一番大事なのは、SMAの値ではなく、どのように値が動くかなのです。

 

だからライントレードが有効になるのです。SMAやボリンジャーバンドを見ていない人は少ないと思いますが、値動きを見ていない人は、少なくないと思います。

 

FXをやっている人でチャートをまったくみずに、時間だけでトレードしたり、サイコロだけでトレードしたりする人は少ないと思います。

 

95パーセントの人は、レートの値動きを見ながらトレードすると思います。

 

ライントレードを制するものが、相場を制する

 

私が今検証しているぷーさん式もインジケータをまったくチャートに載せずに、行うライントレードです。

 

私が実際に行っているリアルトレードもインジケータをまったく載せずに、行うトレードです。

 

ライントレードはチャートの値動きに対して、注目されているレートを見つけてそれを基本に戦略を練るトレードです。

 

よくわからない聞いたこともないインジケータを信仰するよりも昔からあるライントレードを猛勉強して、猛練習するトレードのほうがより早く勝ち組トレーダーになれます。

 

 

 

 

 

もっとFXライントレード・マスタースクール 〜 FX成功の18ステップ 〜について詳しく知りたい方はこちらをクリック