勝ち組は、勝ちトレードが多いのではない。無駄トレードが少ないのだ

 

私が初心者の頃は、FXの勝ち組トレーダーは、どんな相場状況でも相場分析をし、何とかして勝つものだと思っておりました。

 

そんな考えのもと私は、会社から帰るとパソコンに電源をつけ、チャートを開き、FX口座を開いて、トレードできる環境になると、

 

ものの5分くらいで、エントリーして今日は勝っただの、負けただの思いながら、日々を過ごしておりました。

 

もちろんそんなことでは、安定して勝てるわけでなく、負け続ける日々を送っておりました。

 

そこで私は、いろいろな本を読み、情報商材に100万円以上のお金をつぎ込み、勉強しておりました。

 

そしていろいろなブログを見ていると、勝ち組トレーダーは、自分の好きなパターンでしか入らないということがわかりました。

 

似たようなチャートの形になるまで待ち、自分の思い描いたパターンになったらやっとエントリーするということがわかりました。

 

勝ち組トレーダーは、無駄トレードが少ない。

 

勝ち組トレーダーは、自分の好きな形でなければ入らないので、無駄なトレードがとても少なくなるのです。

 

例えば、雇用統計のお試しロングやレンジの時のトレード、あまりボラがないときの意味のないトレードの時は、少しだけチャートを見てほかのことをしていることが多いです。

 

チャートのオプションであるレートにタッチするとアラートが発動するシステムをセットして、ご飯を食べたり、ゲームをしている人も多いと思います。

 

 

犬で例えるとこんな感じなのですが・・・・。笑

 

私の場合は、ほかの仕事をしたりしています。もちろんスマホなどで、チャートを見たりします。

 

まあまあいい感じの形になってきたらこのように相場分析を始めます。

 

 

己の直感や、相場観などで最終判断を下す。

 

結局最後は、自分の判断です。

 

さんざん分析をしても負けるときは負けますし、好きな形になったのに、なんか嫌な予感がするから、今日はやめようといったことは、よくあります。

 

それはそれでいいのです。それはあなたの直感がそうしたのです。相場観が養われてきたりしたときに起きやすいです。

 

最初はわからないかもしれませんが、だんだん勉強していくとよくわかってきます。

 

そうやって無駄なトレードをなくしていくのです。

 

勝ちトレードを増やす考えも負けるトレードを減らす考えも同じ

 

どうやったら、勝てるトレードが増えるのか??といったことを考える場合の方が多いと思うかもしれません。

 

でも負けるトレードを減らすことも重要です。

 

レンジの時にやっぱり今日はやめようとか雇用統計が近いからやめようとかどうも上位足の形が変だからやめよう。

 

といったことは重要です。それで負けトレードを回避することができれば、かなりの高確率で勝ち組トレーダーになることができます。

 

この考えをもっと詳しく本で学びたい方は・・・・。

 

このことについては何度も書いているのですが、FXで勝つことは、結局は同じことなのです。

 

優良本、優良情報商材を徹底的にしゃぶりつくすことだけなのです。

 

同じ本、同じ情報商材をやり尽くすこれだけなのです。

 

1回読んだだけではダメです。10回読んだだけでもダメです。

 

最低でも30回は読んでください。

 

その本が、高勝率トレード学です。

 

かなり高い本ですが、FXで勝つために重要なことをシンプルに書いております。

 

本当にこれだけでいいのです。難しいインジケータを何個もチャートに載せることではないです。

 

日本人は、難しく考えすぎです。受験勉強で知識を覚えれば成功するといった偏った考えが、負け組トレーダーを生むのです。

 

 

 

無駄トレードを極限までにへらした優良情報商材はこれだ→Dealing FX公式サイト