押し目買いとは?押し目買いに押し目無しってどういうこと??もっと詳しく話してよ^^

 

FXや投資を始める人にとって一番初めに極めて欲しい手法が、押し目買いです。

 

押し目買いさえ極めてしまえば、鬼に金棒なので、とたんに億万長者になります。

 

それくらい強力な武器であり、頼れる手法です。

 

押し目がに押し目なしとは??

 

押し目買いに押し目なしと言った言葉を時々聞きます。

 

これはどういうことかというと押し目買いをしたいのに、どんどんトレンドに乗ってしまい、ほぼ一直線でレートが上がっていくことをいいます。

 

こうすると押し目買いで入るタイミングを逃してしまい、利益を撮り損ねてしまうといった話です。

 

早く飛び乗れば、急に下がってきてしまって高値掴みになるし、乗っていなければ上がっていくのをボーっと見ているだけで終わってしまいます。

 

押し目買いに押し目なしの相場の心理を勉強する

 

相場の心理を勉強すれば、負け組から勝ち組になることができる。

 

 

レートをあげようとしている人たち

 

Aの地点で買った人は、Bの地点で売りたいと思ったが、Cの地点まで下がってしまったので、もう少し上がるかも知れないからもうちょっと待っていようと思います。

 

Bの地点で買った人は、Cの地点まで下がってしまったがまだストップロスまで、幅があるので持っておこうと思いました。

 

Cの地点まで、落ちてきたので、押し目買いだと思い、エントリーした人。

 

Aの地点で、売ってしまいBの地点でどうしようか悩んだけど、Cの地点まで戻ってきたのでこれは失敗トレードだと思い買ってしまった人。

 

Bの地点で、売ってしまって、少し利益が出たので、買ってしまった人。

 

レートを下げようとしている人たち

 

Aの地点で買った人は、Bの地点で売りたいと思ったが、Cの地点まで下がってしまったので、利食い千人力だと決済した人。

 

Bの地点で買った人は、Cの地点まで下がってしまったので、これは失敗トレードだと思い、決済した人。

 

Cの地点まで、落ちてきたので、まだまだ下がると思ったのでショートした人。

 

Aの地点で、売ってしまい、Bの地点でどうしようか悩んだけど、もうちょっと持っていようと様子見している人

 

Bの地点で売ってしまってもっと利益が欲しいので、持ち続けている人

 

簡単に解説してもこの画像の中には、10人もの人の思惑があります。

 

もちろん世界中で、取引が行われているので、もっと人がいると思います。

 

またこの中に押し目買いなんて知らないよ何それ??といった人も混ざっていますし、ただ単に今外貨が欲しいと思って適当に売買する人もいます。

 

上位足やサポートレジスタンス、時間などなどによって、100パーセントではないが、ある程度予測することができる

 

上位足がロング有利ならロングしてもいいし上位足が、ショート有利なら見送ればいいと思います。

 

サポートレジスタンスがどこにあるかによっても大きく戦況は違います。

 

 

戻りのラインが機能していればロング有利ですし、青いラインが機能していればショート有利です。

 

もちろんこの形が出た時間帯も重要です。東京時間なのか??雇用統計の時に出たのか??

 

それによって様子見するかロングするかが決まります。

 

こういったことを練習して体得するのです。

 

上記で書いたことを一瞬でわかるくらいできるようにならなければ、相場で勝つことはできません。

 

例えば、戦争で戦っている最中にピストルの打ち方を言葉に出して確かめているバカはいません。

 

目をつぶっていても撃てるように日頃から練習していざ戦争で弾が撃てるのです。

 

何千回と練習することによって、50:50の確率だった勝率が、55対45になり、さらに練習すると60対40になったりするのです。

 

その時の感覚はなぜ自分が勝てるようになったかわからない不思議な感覚に陥ります。

 

私もその体験をしたことがありますが、やったことは毎日同じように練習しただけでした。

 

誰でも知っていることを何度も繰り返すと負け組から勝ち組になることができます。

 

 

 

 

 

押し目買いと戻り売りを手とり足とり教えてくれる??そんなものあるの??→こちら