マエストロFXはこれといった手法はない。それなのになぜ勝てるのか??

 

今回は、マエストロFXを購入してみたが、手法が定まらなくて困っているといったメールをいただきました。

 

これについて私なりの回答をここでシェアしたいと思います。

 

マエストロFXは、基本ダウ理論、マルチタイムフレーム分析、サポートレジスタンスを駆使して、相場でトレードします。

 

この形になったらロングとかこの形になったら、ショートといった手法ではありません。

 

なので初心者の方は、戸惑ってしまうかもしれません。

 

マエストロFXは、環境認識を勉強するFX商材です。

 

マエストロFXは何故勝てるのかといいますと相場が今どのような状況にあるのかを察知する能力を高めるからです。

 

なのでロングが優勢であれば、ロングをするだけです。ショートが優勢であれば、ショートをするだけです。

 

特にこの形になったからといって、エントリーするわけではありません。

 

この形になったらエントリーしたいといった手法が欲しいのであれば、こちらがいいと思います。

 

このやり方は初心者でもわかりやすく書いておりますので誰にでも体得できます。

 

完全裁量トレードは、は2代流派に分かれている。

 

このように完全裁量トレードでは、2大流派に分かれております。

 

マエストロFXのように環境認識を重視するタイプとチャートの形を重視するタイプです。

 

どちらがいいかと言われれば、それは好みの問題です。

 

私の感想としては・・・・。環境認識の方をとりました。

 

それはなぜかといいますと結局最終的に両方学ばないといけないので、どちらでも一緒だろとおもいました。

 

つまり山登りで、登山口は違うけど頂点は一緒だということです。

 

環境認識の力が3チャートの形が7かもしれません。その逆に環境認識が7でチャートの形が3かもしれません。

 

それはどのようなトレーダーになりたいかは自分の好み次第です。

 

マエストロFXとこちら両方手に入れて、見比べて自分に合っている方法を探すのが一番いいと思います。

 

私のオリジナル手法完成までの道のり

 

私もいきなり自分の好みの手法がぱっと決まったわけではありません。

 

試行錯誤の結果自分のオリジナル手法が完成しました。

 

これを見ている方もまずは自分がこれだなと思った手法を手に入れ、それを何度もトレードし自分のものにしてください。

 

自分のものになった手法の後に俺もこれも手を出すのではなく、徐々に進化させていくのが一番の勝ち組への近道です。

 

スポーツで例えてみると

 

あなたが野球のピッチャーだとして、右投げで上から投げておりました。

 

自分の実力をアップさせたくて、ストレートとカーブしか投げれなかったが、今度スライダーも覚えようとすることはとてもいいことです。

 

ただ右手上投げで投げていたのを、今日から左のサイドスローで投げるようなことはしてはいけません。

 

このようなことはよくFXで起きます。昨日はこの手法、今日はやっぱりこっちの手法がいいとやっていては一生勝ち組になることはできません。

 

これだと思った手法に対して、進化を加えるのはいいですが、コロコロとかえるのはやめてください。

 

 

 

 

ネット情報商材で一番のロングセラー商品。環境認識が学びたいならこれですね。→こちらをクリック