王道手法で迷ったらこれを軸にしよう。この三つさえやれば一生安泰

 

相場で勝つためには自分でオリジナルの手法を作り、それを練習して、自分の肉や骨とする方法が一番早く勝つための方法です。

 

ただしある程度の基本はあります。聞いたこともないインジケータやオシレータのみで取引するのもいいですが、
それでは流行り廃りが出てきてしまい、勝つことができません。

 

また初心者の方にとっては、情報がなさすぎて、遠回りの原因になってしまいます。

 

そこで私が100以上の情報商材を購入してきて、これを使っている人が多かったなと思うものをここで書きたいと思います。

 

1、サポートレジスタンス

 

これは基本中の基本の約80パーセントの商材でこれを使っておりました。

 

FXの初心者本でも玄人本でもほぼかならず掲載されているものです。なので私はこれを自分のオリジナル手法に使おうと思いました。

 

2、ダウ理論

 

これは基本中の基本の約70パーセントの商材でこれを使っておりました。

 

FXの初心者本でも玄人本でもほぼからなず掲載されているものです。なので私はこれを自分のオリジナル手法に使おうと思いました。

 

3、マルチタイムフレーム分析

 

これは基本中の基本の約80パーセントの商材でこれを使っておりました。

 

初心者の方には難しいと評判のやり方です。でもこれを克服しないと相場で勝てることがないと思い、これも取り入れました。

 

だいたいこの三つを基礎に、たくさんの商材は、MAをいれたり、ボリンジャーバンドを入れたり、フィボナッチを入れたりするだけでしたね。

 

これが野球のフォームでいう基本の形、将棋でいう定石といった感じでしょうか??

 

これがあまりにも違っていると気づくまで大変ですが、これを覚えたからといって、勝てるわけではありません。

 

あとは、その状況状況の判断によって、勝敗がかわってきます。

 

また相場で勝つには練習や経験が必要なのです。

 

その練習方法やマインドの持ち方メンタルの持ち方を知りたい方は私のオリジナル手法を知ればいいし、

 

上記の三つを基本として、自分独自の手法を作ってもいいと思います。

 

それでもインジケータを離せないあなたへ

 

FXを始めた人がまず陥る罠が、チャートにインジケータをたくさん表示させて、

 

これとこれがこうなったら、ロングこれとこれがこうなったら、ショートといった取引をすることです。

 

私も同じようなことをたくさんしてきましたが、残念ながら、これでは絶対に勝つことはできません。

 

必ず、エントリーしてはいけない条件や相場観等が必要になってくるので、安定して勝つことは絶対に出来ません。

 

ただここでこれを言っても、私は、インジケータを絶対に外したくないですし、そんな相場観なんて感覚みたいな取引で、自分の大事なお金を使いたいくないよと思うかもしれません。

 

私はそれについてあまり否定はしません。ただあるとき気づくと思います。

 

インジケータなんて必要ないと・・・・・。

 

それは自転車の補助輪が取れたような感覚です。

 

幼い頃に、初めて自転車に乗った時、大人はなんであんな二つのタイヤで、走れるのだろうと思ったことはありませんか??

 

絶対に補助輪がないと自転車はこげないと幼い頃思っておりました。

 

それでも何年か補助輪で、運転していると親などに、補助輪なしで運転してみなさいと言われ、補助輪をとり、

 

危ない運転をしながら、補助輪を外していったと思います。

 

それとインジケータは似ております。

 

インジケータをうつしながら、トレードしても全然いいですし、インジケータをうつさなくても結局はトレードできます。

 

自転車が前に進めばいいのです。トレードも勝てばいいのです。

 

それよりも大事なことは、インジケータをコロコロ変えないことです。

 

これだと思ったインジケータなら、一生使い続けるべきです。

 

その一生使い続けていく中で、インジケータは自分のものになっていくのです。

 

 

 

このコンテンツのことをもっと詳しく書いてあるのがこれです。→こちらをクリック