勝ち組トレーダーはやっている!チャートパターン予測!そんなことは可能なのか??

 

2015年11月26日 ユーロ円の1時間足です。

 

 

ここまでの経緯を知りたい方は、こちらを見てください

 

 

私は、130.10円を目標にショートしておりました。

 

そして130円を抜けて、129.80円をタッチして戻ってきたといった感じですね。

 

やはり私の予想通り、130円付近で、ショートの利益確定と130円のキリのいい値で、ロングをしてきた人が多いといった感じですね。

 

そのあとどのような動きをするのか??ここで私はずっと予想しておりました。

 

1、私はあまりないなと思っておりましたが、そのままズルズルと下がっていく

 

黄色ラインで戻り売りが入り、そのままさがっていく

 

流石に130円ラインでの攻防が予想されたので、一旦買いが入ると思っておりました。

 

2、水色ラインまでするすると戻り、全戻し状態になる

 

これもあまり考えませんでした。パターン的にも少ないパターンなので、ないなといった感じですね。

 

逆に水色のラインを抜けてくると相場では不思議なことが起きているので、逆にロングで参戦してもいいと思います。

 

普通ではないことが起きているからです。

 

3、今回これになるのではと予想していたことが起きました。

 

それは三角持ち合いです。案の定綺麗な三角持ち合いではありませんが、三角持ち合い気味のレンジになっております。

 

私はこれを二つ矢印がある中で、上の矢印のところで反転したことで、予想ができました。

 

そしてそのあとにレンジになって美味しくない相場に突入することが予想できたので、エントリーはしませんでした。

 

チャートポイントをよく見て、未来を予想する

 

 

上記の図は、私が好きなチャートパターンです。

 

ダブルトップとアセンディングトライアングルです。

 

矢印の部分を注意しながら見ていると一番の攻防がおこります。

 

ロングが勝てば、アセンディングトライアングルになりやすいですし、ショートが勝てば、ダブルトップになりやすいです。

 

どっちにするかは、上位足などを見たり、そのチャートポイントのレートの動きを注意して見ながら、どちらにするか決めます。

 

毎回ロングを狙うわけでもなく、毎回ショートを狙うわけではありません。

 

ロングだと思えば、早めに入りますが、ショートだと思うとダブルトップが、完成するまで待ちます。

 

私の経験上、あまりレンジにはなりませんが、レンジになることも予想しながらトレードします。

 

このように将来のことは全くわかりませんが、ある程度の予想や戦略を立てることはできます。

 

経験を積めば、100パーセントではないが、ある程度は予測できる

 

よく勝っていないトレーダーが、勝っているトレーダーは、未来が見えている。

 

次に動く方向がわかっているその確率は100パーセントだと思っている人は多いと思います。

 

でも残念ながらどんな勝ち組FXトレーダーでも100パーセント分かるわけないですし、ミスもします。

 

ただなぜ勝ち組トレーダーは、勝てるようになるのか??それはなんとなくわかっているからです。

 

みなさんどんなにすごいトレーダーでもなんとなくなのです。

 

なんとなく上かな??なんとなく下かな??

 

だって上位の時間足が、上だから、レジスタンスラインを割ってきたから下かな??って感じですね。

 

またこの画像を見てください。

 

 

どこかに矢印があるのですが見える方はいますか??

 

答えを知ってしまえば、簡単に分かるのですが、分かるまでが大変です。

 

 

このような感じで、だんだんとチャートもわかってくるのです。

 

次の将棋の譜面も見る人がみれば次の最良の一手がわかるのですが、私はわかりません。

 

ただ何千回と将棋を打つようになると徐々に最良の一手がわかるようになります。

 

 

チャートも徐々に練習をすれば、必ず見えてきます。

 

まとめ

 

結局は、私のブログで何度も言っているようにこのようなチャートに多く出会い、考えるしかありません。

 

100パーセント当てることはできませんが、徐々に当てることができます。

 

ぜひフォレックステスター2で、練習してください。

 

必ずわかるようになります。

 

 

 

チャートパターン予測を勉強して、勝ち組に駆け上がれ→こちらをクリック