FX三角持ち合い:教科書ではあまり言われていないラインに気をつけよう

 

私のブログを見ていただけている方は、あまり私が教科書的な話をしたがらない傾向にあると思っている方がいると思います。

 

あまり知識を入れずに、練習や検証をしたほうがいいと思っている方も多いと思います。

 

ただ今回は、一生懸命練習や検証している方に、いいことを教えたいと思いコンテンツにしました。

 

教科書通りにやっても何故うまくいかないのか??

 

例えば、三角持ち合いというチャートパターンがあります。

 

 

サポートラインとレジスタンスラインが、尻すぼみになり、抜けた方についていくと勝てると教科書的には書いております。

 

私もそうならいましたし、今でもそう思っております。

 

これを知った私はラッキーこれで、相場で勝てると思いました。

 

早速リアルトレードで、三角持ち合いのチャンスが来ました。そしてラインを引き、下に抜けてきたので、ショートしました。

 

よし完璧なエントリーだあとは下がるのを待つだけだ・・・・。

 

10ピプスほど下がったところで、何かがおかしいことに気がつきます。

 

利益が5ピプスになり、3ピプスになり、とうとうゼロになってしまいました。そこで私はまだまだ大丈夫このまま持っていようと思っていたら、

 

急激に20ピプスほど上昇し、損切りにあってしまいました。

 

私はそこで思いました。なんだよ全然勝てないじゃん。三角持ち合いなんてうそだな

 

そう思いながら2年くらいたったある日、ある動画を見ていたら・・・・。

 

 

私がまだFXで勝てずに勉強していた時代がありました。

 

そのときはいろいろなFX動画を見ておりました。そこで私は驚きました。

 

今までおそわったことを覆すことが起きたからです。

 

それは上記の緑のラインです。その動画を作った人はここにもラインができるので注意しましょうと言っておりました。

 

私はこのラインを見たときに本当に驚きました。こんなところにラインを引く人がいるのかと・・・・。

 

その人の説明によると三角持ち合いで抜けても下にラインがあるので、気をつけましょう。

 

これを見た時だから私は、負けたのだと思いました。単純に下に抜けたからといってショートしているだけではダメなんだなと・・・。

 

三角持ち合いは、ただの見せかけで、レンジといった手段もあるのだなと思いました。

 

そのまたさらに一年後、こんなところにラインを引く人がいました。

 

 

黒いラインですね。これもはじめて見たときに衝撃を受けました。

 

その動画を作った人入っておりました。ここのラインも時々効くので注意しましょう。

 

私はそこで思いました。世の中にはこんな考えをする人がいるんだな

 

だから自分は負けるんだと、だから私とは思った方の逆を行くのだなと・・・。

 

そこから私は、あまりFXの勉強をしなくなりました。

 

いくら勉強しても相場という戦場では無意味だということに気がついたのです。

 

ある程度の型を覚えることは大事だが、あとは経験やその場の雰囲気が大事なのだと・・・。

 

わかるようになりました。

 

私は、三角持ち合いは苦手です。

 

ここまで長々と書いておりますが、正直な話三角持ち合いではエントリーしません。

 

何回もフォレックステスター2で検証しましたが、やはり結局はレンジのチャートパターンなので、

 

大きく利益が取れないなということがわかりました。

 

すぐにラインもありますし、あまりいいエントリーパターンではないことが私の中でわかったので

 

私の手法では、三角持ち合いは、勉強するのをやめました。

 

唯一私が信用しているチャートパターン

 

ここまで散々チャートパターンなんて関係ないとかだめだとかいってきましたが、

 

私がフォレックステスター2で練習していて唯一信用していたチャートパターンがありました。

 

 

それは、アセンディングトライアングルです。

 

このパターンはあまり起きないのですが、起きるなと思ったら、かなり前段階で、エントリーしてしまいます。

 

それくらい信用していて、さらに美味しいチャートパターンだと思っております。

 

なかなか出ないのですが、フォレックステスター2などで練習しているとちゃんと出てきますし、かなりの高確率で勝つことができます。

 

この画像は、買いですが、もちろん売りでもいいと思います。

 

 

 

アドバンスドホーミングFXをちゃんと見ていれば同じ事を聞くことができますよ→こちらをクリック