家政婦は見た。私が見てきた勝ち組トレーダーの成績

 

今回は私が見てきた勝ち組トレーダーの成績について話してきたいと思います。

 

私はこれまで、ブログを作っていく段階や自分がトレードで勝てるようになるまでたくさんの勝ち組トレーダーにあってきました。

 

その中で不思議に思ったのが、勝ち組トレーダーの成績は案外安定がしておらず、波のような状態であるという点です。

 

またOCOで区切りの良いトレードをしているのではなく、1の位がバラバラといった成績を残している人が多かったです。

 

ここで私がたくさんの勝ち組トレーダーにあう前の勝ち組とはこんな成績を残すのだなと思っていた例を挙げていきます。

 

2014年

 

1月+450ピプス 2月+550ピプス 3月+600ピプス 4月+500ピプス 5月+500ピプス 6月+450ピプス

 

といった感じで、毎月安定的に勝っていて、さらにOCO注文などで、キリのいい数字になっていると思っていました。

 

これがまだ私が初心者だった頃、勝ち組トレーダーとは、このようなものなのだなと思っていました。

 

ただ実際はこのような感じでした。

 

Aさん 2014年

 

1月+123ピプス 2月+62ピプス 3月−12ピプス 4月+234ピプス 5月+76ピプス 6月−52ピプス

 

合計+432 平均+72ピプス

 

Bさん 2014年

 

1月+256ピプス 2月+276ピプス 3月+212ピプス 4月+235ピプス 5月+198ピプス 6月+177ピプス

 

合計+1324ピプス 平均220ピプス

 

Cさん

 

1月−324ピプス 2月−245ピプス 3月+679ピプス 4月+436ピプス 5月+712ピプス 6月−234ピプス

 

合計+1024 平均+170ピプス

 

このような形で十人十色安定して勝てる人もいれば、安定して勝てない人もいますし、大波のような成績を残す人もいます。

 

このような形になるには、私のオリジナル手法にも書いてあるとおり、OCO注文ではないやり方で、取引をしている。

 

つまり相場のその場その場の状況を掴んで、額に汗を垂らしながら、心にストレスを感じながら、トレードしているはずです。

 

優雅に紅茶を飲みながら、トレードしているように思っていましたが、どうも勝ち組トレーダーは、違うようでしたね。

 

知らないと損勝ち組トレーダーの4つの特徴。

 

私は、もうFX業界に入って5年くらいたっています。

 

情報商材などを購入して、たくさんの勝ち組トレーダーのリアルトレード動画などを見てきました。

 

そこであることに気づきました。

 

それは、勝ち組トレーダーにはある共通点があるということです。

 

もちろんここで全部話すほどパットは出てこないのですが・・・。

 

思いついた順に話していきたいと思います。

 

1、損切りが自分が思っているより早い

 

私の感覚であれば、あるところでロングエントリーしたら、30ピプス下くらいにストップラインを置くのですが、

 

勝ち組トレーダーの感覚は、エントリーして30ピプスしたくらいにストップを置くのですが、これはあくまで仮であって、

 

自分がダメだと思った瞬間に損切りをする人が多かったです。

 

あとタイトストップの人が多いですね。損切りが5ピプスという人が多いです。

 

2、とにかく検証やチャートを見ることが大好き

 

これもほとんどの勝ち組トレーダーの人に言えますね。とにかくチャートを見ることが好きで一日10時間以上見てしまう人もいるくらいです。

 

またフォレックステスター2などで検証作業をすることが好きですね。

 

色々と自分のスタイルを進化させて言っている感じがします。

 

勝ち組だけれども自分の刀を研いでいる感じですね。

 

3、自分なりのトレードスタイルを持っている。

 

これも十人十色ですね。スキャルピングがいいという人もいれば、スイングがいいという人もいます。

 

また勝率もバラバラで、勝率30パーセントの人から90パーセントくらいの人もいます。

 

さらに月単位で着実にかっていく人もいれば、年単位で勝っていく人も多いですね。

 

感覚でトレードする人もいれば、スナイパーのようにじっと待って、自分の形になるまで待つという人もいました。

 

どれもが、勝っている方法なので否定はできません。

 

それは人それぞれのトレードスタイルなのですから、ちなみに私は、勝率高めの感覚トレードが大好きです。

 

だから私のトレードスタイルはこれにしました。

 

これを読んでいるあなたも自分の好きなトレードスタイルを作っていいとおもいます。

 

あとはそれを練習していくだけなのですから

 

4、ダウ理論とマルチタイムフレーム分析とサポレジラインは95パーセントの人が使っている

 

これも私が見てきた勝ち組トレーダーが、ほぼ使っていた理論ですね。

 

ダウ理論について話せない勝ち組トレーダーは、ゼロでした。マルチタイムフレーム分析をしなかった勝ち組トレーダーはゼロでした。

 

サポレジラインには、全員ではなかったですが80パーセントくらいでしたね。

 

この三つを中心として、おまけ程度に移動平均線やボリンジャーバンドを使っている人がいましたね。

 

RSIを使っている人やMACDなどの人もいました。これはひとそれぞれですが、ダウ理論とマルチタイムフレーム分析とサポレジラインを使っていない人は本当に少なかったです。

 

あなたは負け組??負け組の行動をしてみよう。

 

勝ち組トレーダーは、負け組トレーダーを参考にしているといった話を聞いたことはないでしょうか??

 

これは私は今もこの考えのもとトレードをしておりますので、かなり有効な考え方だと思います。

 

負け組トレーダーの考え方

 

1、今すぐに勝ちたい

 

2、すぐにお金持ちになりたい

 

3、努力をしないで勝ち組になりたい。

 

4、レバレッジをかけて、ギャンブルみたいに楽しみたい。

 

5、損切りはしたくない。

 

などなどたくさんあると思います。

 

これを単純に逆にします。

 

勝ち組トレーダーの考え方

 

1、ゆっくりと勝てるようになっていればいい。

 

2、その気持ちはあるけど、すぐに金持ちになると危険だな・・・。

 

3、世の中に努力なしでといった考えは危ないな

 

4、レバレッジはかけると危ないな、1倍かそれ以下だな

 

5、ある程度の経費は必ずかかるものだな

 

ちょっとうまく表現できませんでしたが、負け組トレーダーの考えと勝ち組トレーダーの考えはこんな感じに違うのだなといった

 

参考になったのではないでしょうか??

 

もっと面白い話

 

トレードの練習をしている時にこうつぶやきます。

 

負けている時に、「相場様、もっと負けさせてください!もっともっと負けさせてください」とつぶやきながら早めに損切りするトレードを心がける。

 

勝っている時に、「相場様、もっと負けさせてください。もっともっと負けさせてください」とつぶやきながら遅めに決済するトレードを心がける

 

こんなくだらない練習をしていたことがあります。

 

こんなくだらない練習をするとどうなると思いますか??

 

なぜか損小利大になるんですよね。

 

勝っているときは早く利確したくなりますし、負けているときは、おそく損切りします。

 

それを練習するのです。なんどもなんども練習するとそれが当たり前になります。

 

損切りした時間の平均と利確した時間の平均を出してみてもいいと思います。

 

これが損切りした時間>>利確した時間だとダメです。

 

勝ち組トレーダーは、損切りした時間<<利確した時間になっております。

 

これを注意しながら、フォレックステスター2で練習検証してみてください。

 

とりあえず1000回検証する

 

上記の事をうーんそうなのかな??と思った方。まだ疑心暗鬼の方

 

いろいろな方がいるとお思います。いや自分は今ほかの検証をしているところだから、

 

今検証はできないなと思っている方は、その検証をやってみてください。

 

とにかく勝ち組トレーダーになるには、いかにいろいろな検証を繰り返した方がなっております。

 

こんなことってどうなんだろう??これは間違っているのかな??

 

しらべてみよう・・・。などなどたくさんあるとおもいます。

 

自分がこれだと思ったことやふと思ったことをとりあえず1000回検証練習することを目安にすると

 

勝ち組に近づけますよ。

 

 

 

↓↓ブックマークしていただけると更新の励みになります。↓↓

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加