FXトレード人と比べてはいけない。人の意見も参考程度に聞き流す

 

人というのは、どうしても人と比べたがる生き物です。

 

小さい頃は、勉強の成績やかけっこなどなど、大人になれば、年収や職業等です。

 

これがけんかなどをうみ、足の引っ張り合いを起こします。

 

さらに劣等感を感じ、最悪うつ病などにかかってしまいます。

 

トレードにおいてもたくさんの人と自分を比べてしまい、焦りや劣等感をつくってしまいます。

 

トレード手法で比べてしまう

 

自分は、デイトレードがいいと思っていたのに、ある人が、スキャルピングで大儲けしたからといって、

 

デイトレードよりもスキャルピングのほうが儲かるのだと思い、スキャルピングに走る。

 

自分は、ブレイクアウトがいいと思っていたのに、押し目買いがいいと思えば、押し目買いをしてしまう。

 

こんな偉そうに話しておりますが、私もすべて経験しましたので、偉そうなことを言えません。^^

 

私の体験談では、最初デイトレードにはじまり、スキャルピング、スイングトレード、デイトレード、短期スイングといった感じ。

 

もちろんおおまかに言ってこれですが、もっとごちゃごちゃと変えておりました。

 

なぜ最終的に短期スイングにしようかと思った理由は、相場をじっくりと見えることとあまり経済指標に左右されないことと

 

ずっとチャートを見なくても大丈夫といったことを考えて、これにしました。

 

これを見ている皆さんも私の意見は参考程度にとどめ、自分のライフスタイルや性格などをみつめながら、決めていけばいいと思います。

 

もちろんスキャルピングからスイングトレードまですべてをやってみて、決定するのもいいと思います。

 

あと私の得意な形は、押し目買いです。押し目買いもたくさんありますが、一番得意なのは、上位時間足は、上昇トレンドに対しての下位足でも逆張りトレードです。

 

この形が一番好きであり、得意な分野です。

 

これもたくさんのやり方を勉強して、実践してみて、決めました。

 

ブレイクアウトで勝っている人もいますし、レンジで勝っている人もいます。

 

人がこれがいいと思っても自分が好きなものを磨いていくのが一番なので、自分の頭で考えて、しっくりくるものをチョイスしてください。

 

総資産で比べてしまう。勝った額で比べてしまう

 

これはトレードの中だけでなく、リアルな世の中でもいえますね。

 

隣のご主人は、いくら稼いでいる。隣の家は、いくらいくらだなどなど

 

数え切れないくらいの嫉妬があり、妬み等があります。

 

トレードの世界は、学歴やどんな会社に勤めているなど全く関係ありません。

 

1000万円持っている東大生と1億円持っている中卒フリーターなら中卒フリーターの方がすごい世界です。

 

相場の世界は、フリーな世の中ですが、ここでも劣等感や嫉妬は生まれます。

 

私が劣等感を感じた時はこんなことを考えて、劣等感を紛らわせます。

 

それは世界1の相場の天才ウォーレンバフェットです。

 

この人の前であれば、日本にいる誰もが、資産では低くなります。

 

ましてお金にあまり興味がなく、普通の家に住んでいますし、チェリーコークをこよなく愛する人です。

 

私が相場において、劣等感を感じたら、ウォーレンバフェットの前では、井の中の蛙なんだ!劣等感なんて感じても意味ないんだと思うようにしております。

 

そうすることによって、人を見下したり、資金を早く増やそうと焦ったり、しないでトレードに挑むことができます。

 

まとめ

 

ほかにもいろいろとあるとおもいます。インジケータやどの会社のチャートを使っているなどなど

 

数え上げたらキリがいないと思います。またいろいろな情報があると思いますし、悩むと思います。

 

一番ダメなのが、せっかく自分のオリジナル手法が、固まりつつあるときに、変えてしまうことです。

 

変えてしまってこれはダメだなと思ったらすぐに戻ればいいのですが、なかなかそれができません。

 

私もこんな事を言っておりますが、長い間この人との比較で、苦しんだ過去があります。

 

なんだかんだで2年ほど悩みました。いろいろな手法に手を出し、早く勝ちたいからといって、すぐにリアルトレードに手を出したりしました。

 

こんなことで悩んでいるのであれば、フォレックステスター2をひたすらやっていたほうが何倍も早く勝ち組になることができます。

 

ぜひこれを読んでいる方は、【FXトレード人と比べてはいけない。人の意見も参考程度に聞き流す】を実践してみてください。

 

 

↓↓ブックマークしていただけると更新の励みになります。↓↓

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加