押し目買いと戻り売りをマスターしよう

まずFXをはじめるといろいろなやり方を学ぶと思います。

 

たとえば、ブレイクアウト、押し目買い戻り売り、反転逆張り、指標トレード、などなど
またスキャルピングやデイトレード、スイングトレード、スワップ狙い

 

私もいろいろとやってきましたが、初心者の方がより早く勝てる方法は、デイトレードの押し目買いかスイングトレードの押し目買いですね。

 

スキャルピングやスワップ狙いはすごく難しいので、私はお勧めしません。

 

デイトレードとスイングなら私はややスイングよりのデイトレードをやっています。
これは好みでいいと思います。

 

手法の種類

 

手法の種類ですが、ブレイクアウトはたくさんのだましに会うのであまり効率がよくありません。
ストップまでの位置が遠くなりやすいというデメリットがあります。

 

反転逆張りは、トレンドのほうが確率的にも起きる可能性が高いので、逆張りは初心者には難しいです。
フィボナッチ、サイクル理論、エリオット波動論などの、難しい理論プラス他のサインが必要になってきます。何度も何度も損切りになる覚悟が必要です。

 

指標トレードも運の要素がかなりあるので、安定的に勝つことができません。

 

その点押し目買い・戻り売りは、ダウ理論における高値と安値の切り上げと切り下げを確認して、
トレンドが明確になってからエントリーを検討するため、ストップまでの位置も近く、利大損小トレードになりやすいです。

 

また押し目買い戻り売りに徹する理由は、トレンドが一度発生するとトレンドは反転する確率より継続する確率の方が高いです。
そして、これこそが、押し目買い・戻り売りに特化することの絶対的な優位性です。

 

だから初心者でまだ勝っていない人は、押し目買い戻り売りだけに精通したほうがいいのです。
デイトレーダーは、オールラウンダーでなくてもいいのです。たった一つのやり方でちゃんと勝てれば一流になれるのです。

 

押し目買いのタイミングに100パーセント正しいポイントなどはありません。

 

ブログの検索エンジンなどを見ているとよく「押し目買い戻り売りタイミング」と検索してくる方がいます。

 

でも残念ながら、100パーセントここが正しいといわれる押し目買いは絶対に見つかることはありません。

 

トレンドの波の2回目3回目の波でもいいけども??

 

日々チャートを見ていると、この第1回目の押し目買いのときにかえれば今頃すごい利益が乗っていたんだろうなあとか、
もっと明確にトレンドが出るのを待とうと思って、2回目をまっていたらやっぱり、ちかくにチャートポイントがあるから見送ろうなどと思って、3回目の波が出るのを待っていたりする場面はありませんか??

 

それは非常にもったいないことをしているかもしれませんので、注意が必要です。

 

トレンドが出て、2、3回目の波でも大丈夫と書きましたが、狙うはもちろん1回目の波です。

 

これを勘違いしている人が多いかもしれませんね。

 

 

↓↓ブックマークしていただけると更新の励みになります。↓↓

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加


私のサイトをブックマークしてください。とてもブログ更新の励みになります。