FXの本よりもこっちのほうが勉強になる

 

このコンテンツでは、FXの本を読んでも勝ち方がわからず、路頭に迷っている方にとっていい情報です。

 

FXは、よく確率論で話されることがあります。

 

上に行く確率は50パーセント、下に行く確率は50パーセントだったら、FXの手数料分負けるのが正解なのではないか??

 

と思うかもしれませんが残念ながら違います。

 

適当にトレードするとだいたい、43パーセント勝って、57パーセント負けます。

 

これではトレードする事に負けてしまいますね。

 

ちなみに私が今日おすすめする勝負師たちは3人です。

 

1、イチロー

 

言わずと知れた、野球界の勝負師です。イチローが書いた本であればどれでもOKなのではないでしょうか??

 

とにかくいろいろなことを研究し、体調管理などもすごくストイックに物事を考えております。

 

ただそんなイチローでも10回に3回打てればいいほうでしょう。そんな世界でイチローは勝負しているのです。

 

イチロー プロフェッショナル仕事の流儀

 

2、羽生名人

 

この人は将棋界の天才で、いろいろな本を出しております。勝負に対して貪欲に勉強をし、約7割の勝率を収めております。

 

10回に3回は負けてしまうのです。天才と呼ばれる羽生名人も負けるのです。

 

ただこの人が出す本は、本当に勉強になりますし、必ず読んで欲しい本です。

 

「結果を出し続けるために」「迷いながら強くなる」などなどいい本が多数です。

 

羽生さんの動画

 

3、ゲーマーウメハラ

 

この人はあまり知られていませんが、日本で初めてプロゲーマーになったすごい人です。

 

正直な話、本を読む前は馬鹿にしていたのですが、今では私もウメハラ信者です。

 

FXの本なんて読むよりもこの3人の本を読んだほうが100倍タメになりますし、

 

勝負事とはなんなのか??勝負に挑む前の準備はどうすればいいのか??

 

勝負師はどれくらい勉強をしているかなど、本当に勉強になりますので、おすすめします。

 

この本はほんとうにおすすめ「勝負論

 

相場は残念ながらいくら勉強しても勝てない

 

相場を勉強すれば勝てるのであれば、東大生は、全員FXで勝ち組である。

 

しかし現実は違う。

 

イチローが野球の勉強だけをして、今の地位を築いたのではない。

 

イチローは絶えず実践の中からボールを打つ感覚を身につけたから今の地位を築いた可能性が高い。

 

なら私たちもトレードで勝つためには、勉強はある程度にして、実践で相場観を手に入れるしかないのだ。

 

全員が同じ手法で勝っているわけではない。皆それぞれ得意なフォームがあるのだ。

 

王貞治のように一本足打法の人もいれば、カブレラのようなフォームもいる。イチローのようなフォームもいる。

 

しかし王貞治のように一本足打法をしたからといって、世界一のホームランを打てるわけではない。

 

イチローのような打撃フォームを真似したからといって、年間200本を打てるわけではない。

 

そうじぶんの得意なフォームを自分で考え、それをひたすら実践していく。そしてトライ&エラーを続けながら、

 

勝っていくのがトレードである。

 

私が勝てるようになったのは、たくさんの情報商材や本を読み、王道手法と呼ばれている一番多いやり方の手法をかいつまんで

 

オリジナル手法を手に入れた。

 

最初は勝てなかったが、あることに気づいてからは、勝てるようになった。

 

それは、エジソンが何回も実験をし、失敗をし、ふと閃いたような感覚であった。

 

でもそれは数ある商材や本の中に当たり前のように書いてあったことだった。

 

当たり前のように書いてあることは、甘く見てしまう傾向がある。

 

そんなことわかっているよ、言われなくてもわかっているよ、実際の生活でもそんなことはないだろうか??

 

無駄遣いはダメ、寝不足で仕事に行くと辛いよ、挨拶はちゃんとしましょう。

 

この他にもたくさんあると思う。そのような当たり前のことを実践し、検証をしたらなぜかわからないが勝てるようになった。

 

私も不思議でしょうがない。ただ事実勝てるようになったのだ。

 

ちなみにどれくらいで、その勝てるようになったり、ヒラメキを得たりしたのか??

 

それはフォレックステスター2で10000回トレードを目標にしていて、7000回くらいの時である。

 

これを見ているあなたもFXの勉強からでなく、相場から学びませんか??

 

己の頭で考えろ!!自分で考える癖をつける

 

私が五年間FXトレードで勝てるようになったきっかけは、実は言うとこれだけなのかもしれない

 

1、自分の頭でトレードプランを作り、そして実践をする
2、自分で検証をし、反復することができる
3、売買の記録をとし、それを振り返りながら、反省をすることができる
4、反省をしたことを次回に生かす

 

これさえできれば、あとは諦めない限り必ず勝ち組FXトレーダーになれると思う。

 

私もなれたのだからあなたがなれないわけがない。

 

そして私は未だに上記の4つのことをやっている日々頭に汗をかいてトレードしている。

 

勝てるようになったからといって、楽に勝てるわけではない。

 

もちろん悔しい思いもする。反省することばかりである。日々勉強である

 

そのときのチャートの形状は?ロウソク足の形は??ダウ理論はあっていたか??上位足の流れは?ポジポジ病ではなかったか??

 

売買記録をを書いているだけでは全然自分の力にならない。つまらないかもしれないが読み返す。

 

考えて考えて考えまくることが大事。

 

@からCの作業を自分の頭で考えて行えているか??チキン利食いは大丈夫だったか??

 

最終的に勝つために必要なのは

 

自分でトコトン考える。自分でトコトン検証してみる。ってことが出来るかどうかです。必ず勝ち組はここを通ってきています

 

教えてもらったから明日からできるようになりますといったものではないトレードはそんなに甘いものではない。

 

正直な話マエストロFXのような佐野さんを師匠として教えてもらったほうが早いと思う

 

ただ残念ながらマエストロFXを購入しただけでは勝ち組になる500以上ある動画を見ただけでは勝ち組になることができない。

 

とにかく自分の頭で考えること。そして休憩中にマエストロFXの動画を見てみると上達が早くなると思う

 

割合としては、2:8くらいの割合がちょうどいいと思う。自分が8でマエストロFXが2です。

 

そしてひたすらトレードで失敗することもちろん勝てるようになるまではデモトレードが一番いいと思う

 

デモトレードを馬鹿にする人は相場で勝つことができない。もちろんフォレックステスター2でも大丈夫。

 

何度も実践をしよう。

 

「デモトレードで自分のルールどおりに半年はトレードしてみる」

 

「損切りラインは絶対に動かさない」

 

「決済を我慢して、1回でいいからターゲットまで保有してみる」

 

「まずは最小枚数でトレードする」

 

「トレードをしたら必ず記録を取る」

 

ひとつづつ少しでもいい誰も最初からすぐにはできない。

 

結果は後から付いてくる

 

 

↓↓ブックマークしていただけると更新の励みになります。↓↓

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加