勝ち組たちも負けることはある

 

今回は面白い記事があったので、引用といった感じでここに書きたいと思います。

 

まずはダイヤモンド社に掲載された一昔前話題になったDAIBOUCHOUさん

 

http://diamond.jp/articles/-/77083 引用元
たった6年で元手の200万円を10億円にして注目を集めたカリスマ投資家、DAIBOUCHOUさん。
過去には何度もダイヤモンド・ザイの誌面にも登場した彼が、その絶頂期とともにリーマンショックでどん底に沈んだ転落期について語った。

 

──驚異的な資産の増え方ですが、どうしてこんなことが可能だったんですか?
DAIBOUCHOU(以下DBC)?フージャースコーポレーション(3284)などの不動産流動化関連株が、利益が1年で数十%伸びるなど、
急成長していたのにも関わらずPERは1桁で放置されていたのです。この株価は絶対に安過ぎると思い、
信用取引なども駆使し全力で買ったことと、集中投資が成功したんです。当時は、会社員だったので、失敗したとしても、また、仕事を頑張ればいいやとも思っていました。

 

──わずか6年で200万円を10億円にした当時のことを思い返すと、どう感じますか?
DBC?10億円に到達したのは、ライブドアショック前の一瞬だったので、実感する間もありませんでした。
もちろん、10億円に到達したピーク時で売り抜けるのが理想でしょうけど、ピークなんて過去を振り返ってみてわかるものなんです。
当時はぐんぐん資産が増えていたので、上昇相場の最後までついていって長者番付常連で世界一の投資家であるウォーレン・バフェットを超えたいと発言していましたね。

 

結果的に、投資が成功したことで、別荘や自宅、賃貸用マンションなど働かずとも食べていけるだけの資産を持ち、
さらに結婚することもできて、本当に人生の絶頂でしたね。ダイヤモンド・ザイをはじめ、いろいろなメディアにも取り上げられましたし、
投資家仲間もできたので、本当に株をやって良かったと心底思ってました。

 

転落期2008年11月〜2012年12月
株で築いた資産が日経平均下落で約70%も消えた…
──その後、リーマンショック前に7億円あった資産が1億円を割ったのではとも言われていますが…。
DBC?会社員を辞めた後は、ブログをはじめとして、さまざまなメディアで情報を発信する機会があったのですが、
ネットでの誹謗中傷に本当に苦しみました。今は、その反省もあって、資産の公開や顔出しは遠慮させてもらっています。
ただ、そこまでは資産を減らしてはいません。そもそも、2006年のライブドアショック後は、信用取引をしていませんし、
リーマンショック前には、日清食品(2897)や永谷園(2899)、Jリートなどのディフェンシブ株にも投資していたんです。そして、リーマンショック末期までに、日本株はすべて現金化していました。

 

──日本株に限界を感じて、中国株やベトナム株なども買われていましたが、投資結果はどうでしたか?
DBC?ベトナム株は、好調な時期もありましたが、大暴落に巻き込まれ、売りたい時には買い手がつかず、現金化できた時には、かなり下がっていました。
暴落時は売買ができなくなる危険性を心底味わいました。2006年から中国株は指数に連動するETFや大型株に投資したので、
結構利益が出ました。一時撤退して、2013年から再び投資を始めています。でも、70%近く下落した日経平均レベルで
資産が減少していたのも確かです。だから、相当落ち込みもしましたよ。ただ、最後は生活維持のために現金化したんです。
?その後、賃貸用不動産を購入して安定収入を確保しました。株で儲けたい気持ちがあるものの、余裕を持って暮らせるだけの資産は確保したかったので、
今は間違っていなかったと思っています。資産が減り続ける中で、現金を取り崩して絶対に生き残れるには、
どれだけ現金が必要かを何度もシミュレーションしました。不動産の賃料収入が本当に心の支えになりました。
今振り返ると、もっと前に賃貸用の不動産を購入して、資産を分散しておけば良かったと思います。

 

──今、リーマンショックを振り返ってこうしておけばよかったと思うことはありますか?
DBC?会社員を辞めていたので、将来の生活費の不安があって、底値でまったく買えなかったことは本当に後悔しています。給与収入があったら、思い切った買いができたのにと思います。
?今は、相場環境がかなりいいので、専業投資家を目指す人が多いかもしれませんが、会社員を辞めると思い切った投資ができなくなるということをお伝えしたいです。

 

私のコンテンツである「FX勝ち組不思議な人たち」のところに書いてあるむらやんさん

 

最近とんでもなくやられております。2015年9月9日現在

 

2015年 01月 +9.860.000円
2015年 02月 +2.760.000円
2015年 03月 +730.000円
2015年 04月 -4.920.000円
2015年 05月 +2.950.000円
2015年 06月 +2.120.000円
2015年 07月 -1.390.000円
2015年 08月 -5.650.000円

 

九月は途中ですが500万円ほどやられております

 

年はじめ1月に900万円ほど勝ったのですが、いまではわずか50万円ほど

 

かっていると言われれば勝っているが大損害である。

 

また有名なトレーダージムロジャースも今回、株で失敗しております。

 

 

となっております。

 

私がこのコンテンツで言いたいのは、どんなにすごい勝ち組トレーダーでも負けることはあるということです。

 

100パーセント勝てるようなことはないのです。

 

 

 

私のサイトをブックマークしてください。とてもブログ更新の励みになります。

勝ち組たちも負けることはある関連ページ

あなたはトレーダー向きか??今すぐにここでわかる
損切りができないトレードを分かっていない。破産あるのみ
あなたは知らない。FXでレバレッジはかけないほうがいい
チャートは人間心理の塊。私たちは機械ではない
精神と時の部屋。フォレックステスター2を手に入れよう
超優良情報商材の7つの共通点
必見!!FX相場においては5つの優位性がある。
私は、勝っている。FXで勝っている人は意外と多い
実は大きな落とし穴!トレードを収入のメインにしない
なぜ勝てるのか??いつの間にか勝てるようになっている
贅沢は敵だ。FXで稼いでも使ってしまっては意味がない
真実はここにある。大事なことはいつも一緒
知識だけでは意味がない。FXの名著を読んでも同じこと
背水の陣。リスクを取って勝ち組になる
最近はネットでもいい情報は出てきた。
オリジナル手法を手に入れた人からのお便り
夢をかなえるゾウを手に入れても夢はかなわない
ならなぜ情報商材を買うのか??
FXは残念ながら飽きる
高額塾チャートマスターアカデミーに自腹入会してみた
どんな勝ち組トレーダーでも未来はわからない
FXで専業トレーダーを目指すべきか??
リアルトレードはいつからやればいいのか??
トレーダーの成長過程
スプレッドゼロで検証してみる
FXトレードにおいて人とは違う考えを持つ
情報商材を活用できる人の特徴
FX暴落についての見解とこれからの戦略
私が、リアルな大切な友達に・・・・。
勝ち組の人たちの口癖
トレード戦略はコロコロ変わる
プロになるためには、1万時間勉強するとなれる
読書は、速読よりも精読そして行動へ
FXは、確率ではなく、心理でトレードする
FXは週足から見る
人気ブログが更新を辞めるのはなぜ??
勝ち組トレーダーほどスキャルピングを辞めるのはなぜか??
お金で手に入らないもの
獲得ピプスなんて少なくても資産一億円になった男
初心忘れべからず
FX情報商材を購入したことがない勝ち組はいるのか??
FXトレードの相場観がついてきたなと思った瞬間
FXトレードのおいてディスプレイの数とチャートの種類
FXで勝てるようになっても、人を馬鹿にしてはいけない
結局は、検証マニアになった人が、FXの勝ち組になっている
FX相場をぶち壊す人たち
FX相場は、答えを知らないことが大事。というより誰も知らない