ならなぜ情報商材を買うのか??

 

今回は、ならなぜ情報商材を買わないといけないかについて話したいと思います。

 

情報商材や本や途中から必要はなくなるのですが、やっぱり最初は、情報商材や本で勉強しなくてはなりません。

 

FXの基本やほかのひとがどのように取引をしているのかを肌で感じなくてはいけません。

 

ある程度勉強していっても情報商材や本ばかりで勉強していると勉強しているつもりになっているだけで、

 

実際は、レベルアップしておりません。

 

また情報商材で高いお金を出して得られるもので、一番いいのは勝ち組である作者とメールでやり取りすることができることです。

 

意外かもしれませんが、これが一番コストパフォーマンスが大きいです。

 

メインの内容である動画や手法に目が行きがちですが、やっぱりこのメールが一番高いと思います。

 

例えば、あなたが野球を趣味でやっていたとします。

 

毎日バットを振り、練習をしておりましたがそこそこ上達しました。

 

もっと上達したいなと思い、ネットを見ているとなんと野球の情報商材で

 

イチローが商材を出しているではありませんか??なんとお値段29800円

 

これのなかにわからないことがあったら、イチローに聞ける権利が有るではないですか・・・・。

 

こういうふうに考えると安いと思いませんか??

 

そんなのあるわけないよと思うかもしれません。

 

ただ本当に野球の情報商材の分野を見ていると昔現役だったプロ野球の選手が情報商材を売って、

 

バッティングを教えている人はちらほらいます。

 

相場で定期的に勝っている「マエストロFXの作者」「アドバンスドホーミングFXの作者」「勝ち組FXの作者」は4万円も出せば手とり足とり

 

教えてくれて、さらに普段どんなトレードを行っているかについても一日では見ることができないくらい動画を提供してくれます。

 

そういった意味でも最初は、優良な情報商材を購入して、勉強し作者とのメールで勉強すると一番いいと思います。

 

そしてある程度わかったら、フォレックステスター2でひたすら経験を積むことで勝つことができます。

 

 

 

↓↓ブックマークしていただけると更新の励みになります。↓↓

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

私のサイトをブックマークしてください。とてもブログ更新の励みになります。

ならなぜ情報商材を買うのか??関連ページ

あなたはトレーダー向きか??今すぐにここでわかる
損切りができないトレードを分かっていない。破産あるのみ
あなたは知らない。FXでレバレッジはかけないほうがいい
チャートは人間心理の塊。私たちは機械ではない
精神と時の部屋。フォレックステスター2を手に入れよう
超優良情報商材の7つの共通点
必見!!FX相場においては5つの優位性がある。
私は、勝っている。FXで勝っている人は意外と多い
実は大きな落とし穴!トレードを収入のメインにしない
なぜ勝てるのか??いつの間にか勝てるようになっている
贅沢は敵だ。FXで稼いでも使ってしまっては意味がない
真実はここにある。大事なことはいつも一緒
知識だけでは意味がない。FXの名著を読んでも同じこと
背水の陣。リスクを取って勝ち組になる
最近はネットでもいい情報は出てきた。
オリジナル手法を手に入れた人からのお便り
夢をかなえるゾウを手に入れても夢はかなわない
FXは残念ながら飽きる
高額塾チャートマスターアカデミーに自腹入会してみた
どんな勝ち組トレーダーでも未来はわからない
FXで専業トレーダーを目指すべきか??
リアルトレードはいつからやればいいのか??
トレーダーの成長過程
スプレッドゼロで検証してみる
FXトレードにおいて人とは違う考えを持つ
情報商材を活用できる人の特徴
FX暴落についての見解とこれからの戦略
私が、リアルな大切な友達に・・・・。
勝ち組の人たちの口癖
トレード戦略はコロコロ変わる
プロになるためには、1万時間勉強するとなれる
勝ち組たちも負けることはある
読書は、速読よりも精読そして行動へ
FXは、確率ではなく、心理でトレードする
FXは週足から見る
人気ブログが更新を辞めるのはなぜ??
勝ち組トレーダーほどスキャルピングを辞めるのはなぜか??
お金で手に入らないもの
獲得ピプスなんて少なくても資産一億円になった男
初心忘れべからず
FX情報商材を購入したことがない勝ち組はいるのか??
FXトレードの相場観がついてきたなと思った瞬間
FXトレードのおいてディスプレイの数とチャートの種類
FXで勝てるようになっても、人を馬鹿にしてはいけない
結局は、検証マニアになった人が、FXの勝ち組になっている
FX相場をぶち壊す人たち
FX相場は、答えを知らないことが大事。というより誰も知らない