第1回1万回トレード

アドバンスドホーミングFX

トレードをはじめた大勢の人が、「トレードで勝てるようになれば、すぐにお金持ちになれる」と思っています。それも年収1億円くらい簡単に稼げるはずだと考えているのです。

しかし、それは大変な間違いです。

アドバンスド・ホーミングFXについてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

価格 手法 評価
39800円 デイトレード

 

フォレックステスター2 1万回の軌跡

 

アドバンスドホーミングFXを購入していろいろと読んでいくと、結局最後は、トレードの練習。数稽古。乱取りといった感じで負けてもいいので、相場に慣れましょうといった感じの内容になります。

 

そこで作者の千草さんは、100回トレード×10回を1000回トレードをして、それを記録に取りましょうという課題を提案します。

 

ただ私は、このブログを読んでいる方ならわかっていただけると思いますが、2年ほど前から、自分のトレードを画像や動画にとっており・・・。最近適当ですが・・・。

 

なかなかデモトレード1000回は、時間がかかりすぎるなと思っておりました。

 

そこでいろいろと考えた結果フォレックステスター2で時間を短縮しようと考えました。だいたい100トレードするのに2,3時間ですからね。

 

もちろん普通にデモトレードもします。

 

フォレックステスター2でおこなう1000回トレードではすぐに終わってしまうので、その10倍の1万回を目標にしました。

 

短期目標1000回、中期目標1万回 長期目標10万回

 

最後になぜ私がこんな企画を思いついたかについて、単純に2013年12月30日にはじめて100回トレードでプラスになったからです。

 

基本ルール 通貨 ドル円 OCOリミット15 ストップ10でリミットやストップにかからなくても裁量で決済ありでやりました。

 

スプレッド1 基本は朝の9時から夜の24時まで集中しすぎて過ぎてしまった場合はしょうがない。

 

フォレックステスター2って何ぞやと思った方は

 

こちら

 

フォレックステスター2 1万回トレードで得たことと課題

 

得たこと

 

リミット15 ストップ10でストップ10までいかなくても損切りできるようになった。

 

フィボナッチを引けるようになった。

 

100回トレードで勝てるようになった。

 

課題

 

リミットを15から20の間で自由自在に確定できるようにする

 

記録方法

 

フォレックステスター2は、とってもいいソフトなのですが、弱点があります。

 

それは、経済指標がわからない。21:30分に雇用統計があるのもかかわらず、普通に10分前にエントリーしてしまうことがよくあります。

 

相場が休みの日がわからない。リアルでは、ニューヨーク市場が休みの場合取引をしないといった選択をしますが、フォレックステスター2ではそれがわからないのがきつい。

 

スプレッドが、1刻みである。現実のスプレッドはドル円0.5以下なので、私が使っているFX口座は、0.3なのでスリッページなどを考慮して、0.5で計算します。

 

スプレッド1の場合は、トレード結果から+50スプレッド0でやった場合は、−50で記載します。

 

たとえば、フォレックステスター2で100回トレードして、+58だったとしまう。その場合は、+58(+108)となります。

 

あくまでも参考といった内容でお願いします。

 

ただフォレックステスターでの練習はとてもためになります。

 

フォレックステスターとリアルトレードの大きな違い

 

2014年1月の中ごろに、フォレックステスター2で2000回トレードをして若干だが、プラスになりました。若干プラスならもう大きく負けることはないんだからリアルトレードしても大丈夫なのではないかと思うようになりました。

 

そしてお金を入金し、リアルトレードに踏み切りました。

 

ただリアルトレードとは怖いもので、フォレックステスター2では絶対にやらなかったことをしでかしてしまいました。

 

1、ポジポジ病2、ストップずらし3、仕事中などにスマホからエントリー

 

本当にフォレックステスター2で練習をしていたときは、このようなことはなかったのに・・・。自分でも怖いくらいお金がほしくなり、もっともっと勝ちたい!!もっともっと勝ちたい!!という気持ちでいっぱいになり、はたから見ればギャンブラーのような心理状況になりました。

 

そのようなことはもうないと思ったのにそのような状態にさせたお金の力というのは本当に怖いものだということをリアルトレードで学びました。

 

フォレックステスター2 1万回の軌跡実践

 

12月30日 +160(+210)

 

はじめて100回トレードでプラスになりました。100回目証拠画像

 

この前には聞くも涙語るも涙の散々たるトレードを3000回から5000回ほどやっております。^^

 

あまりにもうれしかったので千草さんにメールをしました。

 

 

12月31日 −415(−215) 感想動画

 

200回目 −113(−63) 200回目証拠画像 調子に乗ってしまい、結局負けてしまった。中盤はどう見てもあせりが見られてメンタルの迷いがかなりあった。

 

メンタルが狂ったら次の朝の9時まですすめて、いったん深呼吸する。

 

300回目 −28(+22) 300回目証拠画像 97戦までほぼイーブンだったのに、最後に3連敗してしまいこの結果。ドラマや漫画のようにはうまくいかない

 

400回目 +11(+61) 400回目証拠画像 勝利の結果は11ピプスだが、序盤から中盤まで大差でやられていたところの逆転勝利はかなりでかい。

 

微妙はことを言うようだが、フォレックステスター2ではドル円はスプレッド1でやらなくてはいけない。最近のFX業者はドル円0.3でやってくれる。スプレッドがずれて、平均0.5で約定したとしても約200ピプスのプラスである。

 

やはりスプレッドの差は大きい。最大ドローダウン106からの逆転はでかかった。

 

500回目 −285(−235) 500回目証拠画像 正直な話20トレード以降はただぼーと売り買いをしていただけだったような気がする。それくらい疲れていたし、集中力がなかった

 

これではいけないと思ったら80トレード位していた。ただ多くのトレードをすれば良いわけではないと思った。

 

量より質。トレンドラインやサポレジラインを一切引きず、フィボもひかず、負けていたからいらいらしながらのトレードでした。

 

ルール変更

 

100回トレードワンセットで行っていたが、どうも集中力が切れたりだらだらとトレードしてしまうので、1セット20くらいにして、

 

それを合計するなどの形にする。昨日の500回目のようなトレードはしないように注意する。

 

量を追うのも大事だが、質も重視しないとだめ。

 

1月1日 −74(+1) 

 

+52(+102) 600回目証拠画像

 

正月早々午前中から何をやっているんだかって感じですね。新年一発目の20トレード×5=100トレードはプラスで終わらせることができました。

 

勝ったからいうのもなんですが、やっぱり集中力が続いているのでいい感じですね。^^

 

このままいければいいですね。

 

−126(−101) 650回目証拠画像

 

たったの50回で−126なんて・・・・。20回のトレードで勝率10パーセントってのが一回あって・・・・。

 

どうなってんねんって感じでしたね。今日わかったことは1セット20の中で負けトレードをはやく損切りできた回数が多いのが結構いい成績を残している。1ピップスでも早く損切りできれば後々かなり効いてくることがわかった。

 

3連敗したら、その日はトレードをしないというルールを作れば勝率10パーセントのようなことは起きないような気がする。

 

フォレックステスター2の弱点は、指標がいつ来るのかがわからないこととアメリカ市場やユーロ市場が休みなのがわからないことが大きいかもという言い訳を言ってみた。^^

 

1月3日 −148(−123) 700回目証拠画像

 

正直なんで負けているのかがよくわからないなあ。100回トレードで勝ったことは事実なのに、成績がまったく安定しない。

 

というよりか乱高下しながらの下降トレンドといった感じだなあ・・・。

 

実験1

 

もしスプレッドが0だったら今の実力では勝てるのか??どうも短期売買において、スプレッドの比重が高すぎるのではないかということに気がついたからです。

 

もし今のルールで100戦やると最高獲得ピプス1500最低1000そのうちスプレッドが100

 

700戦して、マイナス477ピプスとなっております。単純に計算したら、+223ピプス

 

フォレックステスター2では、スプレッド0でも取引できるので実験してみたいと思います。

 

このスプレッドの比重をどうにかして下げることができれば私は勝っているのではないかという仮説です。

 

フォレックステスター2ではスプレッド1でやっております。DMMFXでは今は、ドル円スプレッド0.3

 

スリッページなどを考慮してスプレッド平均0.5と考えております。

 

100戦目 +184(+134) スプレッドゼロ100回目証拠画像

 

まだ100戦だが、本当に勝ててよかった。これで負けていたら単純に実力不足だから・・・・。^^

 

あと300戦ほどして見解を述べたいのですが・・・。今の時点で考えていることを書きたいと思います。

 

単純に今のメイン五分足、上位時間軸1時間足 リミット15、ストップ10をやめ

 

メイン15分足、上位時間軸2時間足、リミット30、ストップ20でスプレッドの負担を軽くする。

 

もしくは、リミット15、ストップ10からリミット20、ストップ10にする・・。ただこれでは勝率も下がるので悩ましい。

 

あとは単純に実力を挙げる。

 

一番いいのはメイン15分上位時間軸2時間足のような気がする・・・・。

 

200戦目 +49(−1) スプレッドゼロ200回目証拠画像

 

よかったやっぱり勝てましたね。少しピプスが少ないですが・・・。

 

勝ちは勝ちですからね^^これをやっていて気づいたことは、サポレジラインは、自分が意識すると破られるという現象。

 

というよりかほとんど破られているじゃないかって確率で機能していない感じ・・・。

 

とりあえずそれについて動画で解説しましたので、みてくださいな・・・。

 

本屋に売っているFX本には、載っていないサポレジ付近についての注意点

 

300戦目 +124(+74) スプレッドゼロ300回目証拠画像

 

とりあえずよかったスプレッド0ながらも300戦して、プラスを出すことができました。

 

とにかくこれでわかったことは、相場は完全なる確率論では語れないこと。どこかしらに優位性があり、それを的確につき数をこなすことによってちゃんと結果が出るということ。

 

つぎは、このスプレッドの負担をいかに減らすこと・・・・。1トレードの獲得ピプスを単純にふやすことを考えたいと思います。

 

400戦目 +10(−40) スプレッドゼロ400回目証拠画像

 

気分転換にやろうと思ったのにかなり苦戦しましたが、勝てるようになりましたね。

 

というよりもあまり負けないというのがすごくいいですね。

 

ドル円 リミット20 ストップ10 スプレッド0

 

実験2

 

今の時点で、トレードで負けている理由が、スプレッドの負担が大きいことが原因だということがわかったので、比率を下げたいと思います。

 

現在 メイン5分足 リミット15 ストップ10 ドル円 スプレッド1

 

変更 メイン30分足 リミット30 ストップ20 ドル円 スプレッド1

 

とりあえず300戦してみたいと思います。

 

100戦目 −291(−241) 100回目証拠画像

 

途中までは好調だったのに・・・。やっぱりレンジはどうも苦手だな・・・。11連敗したときは泣きが入った。

 

もっとがんばってトレードしていこう。^^

 

まだはじまったばっかりだし・・・。

 

実験3

 

実験2をやろうとしましたがかなりの負けっぷりを披露したので、反省して軌道修正をかけました。

 

ドル円 メイン5分足 上位時間足1時間 リミット20 ストップ10 スプレッド1でやってみたいと思います。

 

100戦目 −50(0) 100回目証拠画像

 

上記の結果よりはかなりうまくいった気がします。途中レンジに巻き込まれてかなり負けが込みましたが、80トレードほどで逆転して、その後ずるずると負けてしまいました。

 

やっぱりスプレッド代がきついような気がする・・・。

 

200戦目 −32(+18) 200回目証拠画像

 

80トレード目までは、+80も勝っていたのに・・・。そこから怒涛の13連敗そのあとストップ刈った後に反転リミット3回

 

どうなってんねんって感じやな・・・。

 

ちなみに80トレードめまでは、アドバンスドホーミングFXの基本に戻ったやり方でやっていました。

 

ほんとうにくやしい

 

300戦目 +27(+77) 300回目証拠画像

 

とりあえず勝ててよかった・・・。200戦目と同様。基本に戻ってエントリーしたのがよかったっぽいですね。

 

最後の10戦まで勝てるかまけるかわからなかったので大変でした。

 

なんとか平均100ピプスくらい勝てるようになりたいですね。

 

400戦目 −186(−136) 400回目証拠画像

 

コテンパンにやられた。チャートの表示方法をいろいろといじっていたら、いつの間にかたくさんやられていた・・・・。

 

スプレッド0だと勝てるのに、スプレッド1にするとこてんぱんにやられる・・・。

 

いろいろとかんがえたけどスプレッド1で安定的に勝てない限りだめだな・・・。

 

500戦目 −55(−5) 500回目証拠画像

 

仕事に行く前に、61トレードをしてコテンパンにやられて、−160ピプスだったので、何で負けるんだろうと思って、電車でスマホをいじってFXの商材などを見ていたら、やたらとトレードプラントレードプランといっているので、そんなに大事なのかなと思いながら、家に帰って、61トレード目から、負けてもいいからとにかくトレードプランを立てながらやるかと思ってやっていたら、その39トレードは、なんと何と勝てました。^^

 

実験4

 

ウメハラの勝ち続ける意志力を読んでいて、作業を分解するということが書いてあったので今回の実験はとにかくトレードプランを作成するそしてエントリーすることを重点に置く。

 

勝ち負けは関係なく、300トレードする

 

100戦目 +55(+105) 100回目証拠画像

 

やってやりました。−178からの大逆転。とにかくトレンド中は、トレードプランを駆使するとかなり勝ちやすい。今のところレンジ中は、負けてしまう。

 

ちなみにFX勝ち組道場と呼ばれる商材は、このトレードプラン重視で、初心者にはついていけない内容で、ここでやたらとトレードプラントレードプレンといっていたので、やってみたら勝ちました。^^

 

4年間ずっと勘違いしてました。

 

仕事中になんでFXで勝てないんだろうと悶々としていたら、何でスプレッド0のときはあんなに簡単に勝てるのに、スプレッド1にするとあんなにぼろ負けするんだろう・・・。

 

いろいろと考えていたらひらめいたんですよね。^^前に有名なFXブログで、昔はポンド円は、スプレッドが10のときもあったし・・・。って書いてあったんですよね。スプレッド10なんてあったけか??5は知っているけど・・・。

 

アドバンスドホーミングFXでもスプレッド0.3を考慮して、リミット10:ストップ10の場合は、リミット10.3:ストップ9.7にしてくださいっていっていたんです。

 

そのことを思い出してなんであんなこと書いてあったんだろう・・・なんでそんなリミットにするんだろうって悶々としていたら・・・。

 

なぞが解けました。^^

 

たとえば、買いレート100.01売りレート100のときにリミットストップを100にしてショートをかけます。

 

そうすると今の評価レートが−1ピプスになります。そうすると99円まで行くのに101ピプス必要なんですよね。

 

逆にストップの101円に行くには、99ピプスですむんですよね。

 

つまりスプレッド1にもかかわらず、2ピプスも無駄があるんです。だからスプレッド0のときは簡単にプラスになったのにスプレッド1のときは、ぼろ負けしたように見えたんです。

 

これを是正するには、フォレックステスター2ではスプレッド1しかできないので、完全にはできないのですが・・・。

 

今私が使っているFX口座は、ドル円がスプレッド0.3スリッページなどを考慮して、0.5で考えると

 

スプレッド0の取引には、−100ピプスをして、普通に取引したのには、+100をすると・・・・。

 

全取引を計算しなおすと、なんと現時点で+358ピプスかっているんですよね。^^めっちゃうれしいですね。

 

本当にプラスになるんだなあって感じですね。あきらめないで本当によかったです。

 

200戦目 +54(+104)200回目証拠画像

 

途中からあまりにも勝ててしまうので、調子に乗ってしまった。トレードプランやばすぎ。

 

なぜかかててしまう。とにかくトレンドが出ると最強。次は乱高下。レンジはマジでムズい。

 

300戦目 −153(−103)300回目証拠画像

 

やばいやってしまった。トレードプランを立てるといいつつ適当にトレードしてしまった。しかも最初の20トレードで1勝19敗ととんでもないトレードをしてしまった。

 

今でもこんなトレードをしてしまう自分にびっくり

 

2000戦目を終えての感想と課題

 

よかったこと 10ピプスの利益が出ているときに躊躇なく、ストップを前にずらすことができるようになった。

 

自分の手法のドローダウンがこれくらい起こるのだということがわかった。

 

市場は、ランダムに動いているのではなく、必ず優位性があるポイントがあるところがあるということがわかった。

 

反省点 リアルトレードをするようになったので、フォレックステスター2飽きてきた。

 

トレードに波があり、集中できていないときがある。

 

課題 仕事が忙しくなり前よりも時間が取れなくなってきている。少しでもいいので1万回を目指してがんばる。

 

トレード回数を少なくして量よりも質を重視する。

 

320戦目 −16(−6)320回目証拠画像

 

FXは飽きてなんぼ。飽きるまでトレードをしたときに上達している・・・らしい。フォレックステスター2飽きてきた。

 

350戦目 +18ピプス(33ピプス)350回目証拠画像

 

最近1万回トレードのほうサボり気味ではないのと思っている人・・・。ずっとリアルトレードやっていました。

 

あきらかに負け回数が少なくなってきているし、結果が上昇トレンドを築きはじめている今日この頃・・・。やっていることはほぼ同じ・・・。あきてきた^^

 

400戦目 −140(−115)400回目証拠画像

 

300戦目から400戦目の合計−138(−38)うーん大勝はできなくてもいいけど、少しは勝たなくてはダメだな・・・。

 

450戦目 −36(−11)450回目証拠画像

 

何でこうも毎回微妙なラインで徐々にプラスになっていくんだろう??よくわからんなあ

 

500戦目 −95(−70)500回目証拠画像

 

大勝もしないし、大敗もしない成績が横横だな・・・・。

 

550戦目 −20(+5)550回目証拠画像

 

5分足、1時間足+1分足を見るようになった。アドバンスドホーミングFXで1分足も見ていたので、ためしてみた。

 

600戦目 −145(−120)600回目証拠画像

 

最近迷宮入りしてきたなあ・・・・。どうすれば勝てるんだろう・・・。

 

不安になってきたので今までの結果の合計を出してみた。

 

フォレックステスター2で2300トレードをしてみた結果

 

ドル円スプレッド1の場合−1925ピプス負け スプレッド0.5の場合+375ピプス スプレッド0の場合+2675ピプス

 

とりあえず微妙に勝っていますね。

 

特に注目してもらいたいのが・・・・。スプレッド0の部分ですね。今まで私は、投資なんて上がるか下げるかの2択だろうと思ってきたのに、流石に2300回の試行をして、ここまで+側にいくということは、

 

何らかの優位性が投資の世界に存在するという結果なのではないでしょうか??

 

完全な機械によるランダムウォークではなく、人の心理の集合体ということがわかったのではないかと思っております。

 

ちなみにこの引き分けが続いている状態をアドバンスドホーミングFXの千種さんに相談した結果このような返事をおもらいました。

 

千草さんにメールをしてみました。実際の画像

 

引き分けをもっと評価したほうがいいとのことですが・・・・。やっぱりメールしてみて本当によかったです。

 

自分のメールの文章よりも返信の文章のほうが長いのがとても好感ができますよね。

 

実験 1時間足がトレンドのときにだけトレードしてみた結果

 

いろいろと試行錯誤した結果。とにかくトレンドが出ている状態のときだけエントリーしようという考えに至ったので、やってみました。

 

100戦目 −11(+39)100回目証拠画像

 

いきなり抜群の成績でわろた。もうちょっと丁寧にトレードしたらもっと化けるかもしれないこの実験・・・。やる気が出てきた。

 

200戦目 −107(−57)200戦目証拠画像

 

途中までは勝っていたのに・・・。最後に大失速

 

300戦目 +237 (+287) 300戦目証拠画像

 

やってやりました・・・。やっぱりトレンドだけをねらうとかなり勝ちやすい

 

400戦目 −169 (−109)400戦目証拠画像

 

なぜ負けた・・・・。

 

スプレッドについてまたまた勘違いをしておりました。

 

フォレックステスター2では、スプレッドの設定を、0から1,2、3と整数にしなくてはなりません。

 

なので現在の主要FX業者では、スプレッド0.3とかになっておりますが、このような小数点のスプレッドを設定することができません。

 

以前それを是正しようとしたときに、スプレッド1をスプレッド0.5に置き換えるには、スプレッド1の結果に対して、+100ピプス足せばいいと思っていましたが、

 

+100ピプス足してしまうとおかしなことになるということがわかりました。

 

単純に50ピプス足せばよかったのです。

 

いろいろとスプレッドの誤差がめんどくさくなってきたので、次からは、ユーロ円スプレッド1でやっていこうと思います。

 

なので今までの結果をすべて書き直しました。その結果・・・・。

 

スプレッド0.5の場合2700トレードして−266ピプス 1トレードあたり、0.1ピプスの負け・・・。スリッページを毎回0.2ピプスすると考えているので・・・。そこまでは平均すると多くはないと思うので・・・。

 

かなり微妙な結果になりました。もっと負けているかと思ったのですが・・・。ほとんど引き分けですね。

 

練習トレード2700回を終えて、新たに再スタート

 

2700回を終えての反省点。

 

1、スプレッドの設定が微妙だったので、ドル円ではなく、次からはユーロ円でやる。

 

2、適当にトレードしているところがかなり目立つので、1トレードあたり、5分以上のチャート考察をしてから、エントリーする。

 

3、レンジでトレードするよりもトレンドでトレードしたほうが勝率が高いので、積極的に狙っていく。

 

2014年 3月から取り入れている勝ち組FX道場の考え方をプラスしました。

 

勝ち組FX道場では最低でも9つ以上のトレードプランを考え、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足、週足を見ながらのトレードです。サポートレジスタンスやテクニカルなどを見ながらトレードします。

 

とても時間のかかる作業ですので、トレード回数はかなり少なくなります。

 

いろいろな通貨で練習しております。 リミットストップ完全裁量で行っております。

 

12戦した結果 +202ピプス12戦証拠画像

 

最初の割にはかなり勝てました。^^

 

30戦した結果 +648ピプス30戦証拠画像

 

けっこうかてたなあ・・・とりあえず100戦してみて様子を見るか・・・。

 

8戦した結果 +542ピプス8戦証拠画像

 

いい感じの勝利^^

 

18戦した結果 +466ピプス18戦証拠画像

 

さらにいいかんじ^^

 

7戦した結果 +880ピプス7戦証拠画像

 

75戦して、+2738ピプス・・・。これはもしかしてとうとう勝てるようになったか??^^

 

11戦した結果 +353ピプス11戦証拠画像

 

またまた勝ってしまった。

 

14戦した結果 −536ピプス14戦証拠画像

 

なぜか最後に負けた^^

 

初めて勝ち組FX道場の検証をしていましたが・・・。結構プラスで終わりましたね。+2555ピプス

 

3戦した結果 +2363戦証拠画像

 

やばいことに月足などでやっていると検証データがすぐになくなることに気づいた。^^

 

2014年9月27日またこの1万回トレードに戻ってまいりました。

 

フォレックステスターをちょくちょくやってはすぐに消してしまったりしていたので、記録は取れていないのですが、どうも肌感覚で、最近結構勝てているのではないかと思うようになってきて嬉しくなったので、

 

また記録を取ろうと思いました。

 

通貨はいろいろな通貨でやっております。あまり来たことがないものやメジャーではないものもやっております。

 

メジャーではない通貨でも計算がめんどくさいのでスプレッド1でやっています。

 

月足、週足、日足、4時間足、1時間足を見てトレードしております。

 

前に比べて1トレードに対する時間が多くなったので、記録として残るスピードはかなり遅いです。

 

2014年9月27日 +534ピプス15戦証拠画像

 

2014年9月28日 +229ピプス16戦証拠画像

 

2014年9月28日 +943ピプス6戦証拠画像

 

2014年9月29日 −601ピプス30戦証拠画像

 

2014年9月30日 +251ピプス65戦証拠画像

 

2015年新年一発目のフォレックステスター2

 

去年もフォレックステスター2でたくさん負けましたが、今年もこれを軸にFXの勉強をしたいと思います。

 

2015年1月3日 +1217ピプス60戦証拠画像

 

2015年1月4日 +495ピプス47戦証拠画像

 

【番外編】ロブブッカーの2トレンディなるものを試してみる

 

フォレックステスターでバックテストをやりまくっているロブブッカーさんの書籍を購入してそこに書いてある手法を試してみた。

 

検証はこちら

 

やっぱりこちらに戻ってきました。笑 アドバンスドホーミングFX

 

2015年2月22日 +1576ピプス90戦証拠画像

 

2015年2月22日 −1033ピプス80戦証拠画像

 

2015年2月23日 1021ピプス70戦証拠画像

 

2015年2月24日 −323ピプス84戦証拠画像

 

2015年2月24日 93ピプス70戦証拠画像

 

2015年2月24日 −302ピプス31戦証拠画像

私のサイトから購入していただいた方に特典をプレゼント